Lifestyle

「孤独から逃げるための結婚」33歳女性がつらい婚活の末に、アプリ婚するまで

 30代の女性は独身でバリバリと総合職として働いていたり、結婚していたり、子供をもうけて育児に追われていたりとそのライフスタイルは様々である。そして、時折自分とは違う人生を歩んでいる同年代の女性が羨ましく思えることが私にはある。しかし、リアルの30代女性の生き方はどうなのか。
結婚式

画像はイメージです

 今回は、二度のつらい婚活を乗り越えて結婚生活を手に入れた女性、麻里奈さん(仮名・33歳)に話を聞いた。

27歳の頃、一回目の婚活では痛い目に……

 麻里奈さんの左手薬指にはキラリとシンプルな結婚指輪が光っている。今、結婚して1年ちょっと経ったところだ。しかし、結婚にたどり着くまで麻里奈さんは苦行とも言える婚活を耐え抜いてきた。彼女は婚活を始めた理由を「一人の生活に飽きた、友達も家庭に入り始めて遊ぶ時間が合わなくなったから」と語る。
麻里奈さん

麻里奈さん

 麻里奈さんの一度目の婚活は27歳のとき。マッチングアプリに登録したり合コンや街コン、婚活パーティーに通った。 「婚活パーティーは精神的にも体力的にも疲れました。『私、誰からも選ばれない』みたいな気持ちになるのが一番つらかったです。なかなか良い人に出会えず、後半はマッチングアプリに絞って婚活していました。  でも、ヤリ目の人もいたり、ネズミ講の勧誘だったり、初デートがいきなりTDLだったり、会って数回で旅行に行きたいと言い出す人もいたり、変な人もたくさんいて痛い思いをしました。会って合わない相手と2~3時間過ごすのはかなりキツかったです。合わないからとピシャっと帰れる人ならいいけど、私はさすがにそれはできなくて……。そして、長い時間かけてようやく彼氏ができました」  交際は順調で両親にも紹介した。一年半ほど付き合いが続いていたので、自分も両親もてっきりその彼と結婚するものだと思っていた。ところが……。 「なんと彼に結婚願望がなかったんです。結婚願望がないまま付き合っていても仕方ないと私から別れを切り出しました。親も結婚を期待していたのでしばらく別れたことを言えませんでした……」

婚活は就活と同じ、男性に面接されるかのよう

 そうして麻里奈さんは婚活第二期に突入する。前回の反省を踏まえ、婚活パーティーは辞めてマッチングアプリを使ったが、真剣に出会いを探している人と出会えない。そのアプリは無料のものだったので、より本気度が高い人が集まるアプリを使おうと、大手結婚相談所が運営している有料のアプリの利用を始めた。  自己紹介欄はなるべく素の自分を出すようにした。麻里奈さんの趣味は海外旅行だが、趣味に「海外旅行」と書くと「お金がかかる女」として敬遠されがちだとのことだが、彼女はそのあたりは正直に書いたという。
スマホ

画像はイメージです(以下同)

「毎週土日はアプリでマッチングした人と会う日々を送り始めました。本当に就活と同じで、男の人との面接会みたいな感覚です。  こっちが良いと思っていなくても『あなたと話してみて次も会ってもいいと思いました』とか『次のステージに進んでもらいます』みたいな上から目線の言い方をされることもあって、イラッとして『別にこっちだってそんなに良いと思ってないんだけどなぁ』みたいな感じでブロックしたこともあります。  会うときは夜、飲みに行くことが多かったです。一度だけお昼にお茶をしたのですが昼間っから『初めまして!』というテンションに少し引いてしまって。ハタから見ても話の内容を聞かれてしまうのが嫌で『ちょっと静かにして!』と思ってしまい。そのアプリでは4人の人と実際に会い、そのうちの1人が今の夫です」
次のページ 
初めて会った日にプロポーズしてきた人も
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ
この記者は、他にもこんな記事を書いています