Beauty

基礎化粧品、おすすめと要注意の見分けかた。老舗の製薬会社が注目のワケ

花房火月医師インタビュー その4― 「今まで愛用してきた基礎化粧品が最近、なんとなく合わなくなってきた」という、40代女性はけっこういるのではないでしょうか。
女性

写真はイメージです(以下同じ)

 合わないとわかっていつつも、どのような化粧品に変えたらいいのか判断できない。サンプルを使っていた時点では肌が落ち着いたけれど、本品を使用してみたらなぜか合わない――。そんな女性のために、基礎化粧品の選び方をはなふさ皮膚科の理事長、花房火月(はなふさ・ひづき)医師にお伺いしました(以下、コメントはすべて花房医師)。

病院向けに薬を卸している、老舗の製薬会社に注目

化粧品の研究開発「イチオシは、病院向けに抗がん剤や抗生物質をつくり、卸しているのがメインの大手老舗企業の基礎化粧品です。私がそういった企業と、顧問契約やスポンサー契約をしているからオススメしているわけではありません(笑)。薬剤をつくるということは、社会的責任を問われる事業。そのマインドを持って正確な理論に基づき基礎化粧品をつくっているため、1つずつの商品のレベルが高く、安全性が高いからです。  ただし、たとえ企業名に『製薬』とついていても、新興企業は個人的に推奨していません。研究機関も所持していなければ、コンプライアンスを守っているかどうかも疑わしいケースがあるからです。選ぶときのポイントは3つ。『薬剤をつくっているのがメインの企業』であり、『大手』で『老舗』です」

化粧品は高ければ高いほどいい、わけじゃない

 「化粧品は高いほうが効き目があるはず」と思い込んで大金をつぎこむ女性もいます。ですが花房医師は、その考え方に警鐘を鳴らします。
花房火月医師

花房火月(はなふさ・ひづき)医師

「値段が10倍、100倍するから、効果も10倍、100倍になるのかというと、そうとは限りません。保湿作用が認められるものはありますが、化粧品はあくまでも『肌を健やかに保つ』もの。効能や効果が認められる医薬部外品や、治療や予防を目的とした医薬品とは異なります。そういう意味では、化粧品の値段で大きく差がでるとは考えづらいのです。私は、10万円以上する化粧品は、ほぼ意味がないと考えています」
次のページ 
“自然派”や“幹細胞”の表示について
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ