Entertainment

人気歌手がスピード破談。婚約者は「破局をネットニュースで知った」

 人気歌手のデミ・ロヴァート(28)が、俳優のマックス・エーリック(29)との婚約を発表したのは今年7月。数カ月間の交際を経てスピード婚約した2人だったが、それからわずか2カ月で破局を迎えたようだ。そのスピード破局の理由、そしてデミがマックスを信じられなくなった“あるきっかけ“とは、一体何だったのだろうか?

破局の原因は、あまりにも多すぎる「危険信号」

 幸せの絶頂だったはずのデミとマックスの婚約解消が報じられたのは、現地時間24日。一報を伝えた米芸能誌『ピープル』では、関係者がこう証言している。 「難しい決断ではありましたが、デミとマックスは互いのキャリアに集中するために別れを決めたんです。互いへの尊敬心や愛情がありますから、今後も一緒に過ごした日々は大切な思い出となるでしょう」  しっかり話し合って円満に別れたかのようにみえる2人。しかし実際には、破局の原因となったのは、デミが見て見ぬふりをするにはあまりにも多すぎる「危険信号」があったからだと言われている。  別の関係者は「マックスという人間をちゃんと分かっていなかったんです。デミは、“彼が良くない意図を持っている”と感じているようです。見て見ぬふりをするにはあまりに多い危険信号がありました」と証言。また別の関係者も「デミは彼のことを信用しておらず、あやしいと見ています。自分へのプロポーズは、世間の注目を得るためだと感じているようです」と話している。
デミ・ロヴァート

デミ・ロヴァート

 実は数週間前から、雲行きが怪しくなっていたという2人。一緒にベッタリ過ごした隔離生活が終わり、マックスが映画の撮影に入ったあたりから、すれ違いが生じるようになったようだ。  そうしたなか、マックスが過去にアリアナ・グランデやセレーナ・ゴメスら複数の女性セレブに対し、SNSを通じて求愛メッセージを送っていたとの噂が浮上。因縁の仲であるセレーナとデミを比較するような内容の投稿や、特定の女性セレブに「結婚して」と迫るコメントなどが明るみとなり、デミのファンから批判の声が上がっていた。このときデミは、「この噂はフェイク」だとしてマックスを擁護したが、こうしたことが重なり大きな不信感を抱くようになったという。  とはいえ、デミは今回の破局にひどくショックを受けたと伝えられている。ある情報筋はE!ニュースに「彼のことを心から愛していましたので、上手くいくことを望んでいました。とても落ち込み、取り乱しています」と明かしていた。

撮影現場でスマホを見て、自分たちが破局したことを知った

 一方、現在映画を撮影中のマックスは、自身の破局のニュースをネットで知ったと主張している。
 破局報道の直後となる25日(金)、マックスは「自分の恋愛の状況をタブロイドから知るってことを想像してみて。人の手助けを目的としたキリスト教の牧師の伝記映画の撮影真っ最中にさ」とデミから一切知らされていなかったことを示唆するコメントを投稿。これに対しデミの関係者は「2人の関係は終わっており、メディアにも報じられることはマックスも分かっていたはず」と反論した。  すると今度はマックスが、26日(土)にインスタグラム・ストーリーを更新し、当時の状況をこう説明した。 「新作映画『サザン・ゴスペル』の撮影現場にいた。クルーや共演者がまさに隣にいて、僕がスマホを取り出すのを見ていたくらいだ。そこで僕はタブロイドニュースを開いた」 「僕が婚約解消を知った状況はまさにこれが真実。映画のスタッフはみんなその様子を見ていたし、仕事を続けるため役にまた戻る手助けをしてくれた」

2か月前に永遠の愛を誓った2人

 婚約を発表した2か月前には、「私に最高の自分になりたいと思わせてくれる。あなたからの結婚の申し込みを受けられて光栄。表現しきれないほどあなたを愛してる。あなたと家庭を持ち、人生を共にすることがこの上ないほど幸せ。永遠に愛してるわ」とコメントしていたデミ。いまのところ、破局についてコメントを出していない。  ただ、これまでSNSに投稿した2人の写真をバッサリ削除していることから、マックスとの別れは確実とみられている。また、SNSで色々と書きたてたマックスに呆れたデミは、きっぱりと見切りをつけ、今後一切関わらないつもりだといわれている。  またマックスも現地時間28日、インスタグラムのストーリーで「今日、ついに1つの章が幕を閉じた。次のページをめくるよ」というメッセージを投稿。デミとの関係が終わったことを暗に示唆した。  永遠の愛を誓いながら結ばれなかった2人だが、とりあえず泥沼化は回避したようだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ