Lifestyle

カフェスタッフに憧れる常連客の女性、「ここで働きたい」と言ってみたら

<みきーるの女子マインド学>  コロナの影響で働き方がガラッと変わるなど、“仕事“を見つめ直すことが増えていますね。これを機に、転職を考えている方も多いと思います。  そんななか、「今まで“お客さん”だった店で働きたくなりましたが、どう思いますか?」というご相談をいただきました。今回は、“お客さんからスタッフへのチェンジ問題”を考えてみます。
客として大好きだった店のスタッフになりたい

写真はイメージです(以下同)

「ここで働きたい」と店長に言ったら…

【悩】客として大好きだった店のスタッフになりたい! 「長年、ひいきにしているカフェがあります。店長に“ここで働きたいです!”と言ったら、“本当? 〇〇ちゃんなら、いつでも大歓迎よ~!”と言ってくれたのですが、そのときは具体的な話にならず……。こちらから履歴書を持っていくとか、本気の姿勢を見せたほうがいいでしょうか?」(ミチさん)

覚悟はできてますか?

【答】“客目線”で憧れていたなら、もう一度よく考えて。 “客目線”で憧れていたなら、もう一度よく考えて “お客様”として心地よい時間を過ごしてきた店なら、楽しく働けそう……と思いますよね。ですが、同じ店で過ごす時間も、“お客様“と“スタッフ”では立場が180度違います。お客様に快適にお過ごしいただくために、店のしつらえや商品、そして会話や態度まで、お店の方はきめ細かく心を配ってきたのだと思います。  もしスタッフの側にまわるなら、今度はご自身が“お客様”に素敵なサービスを提供しなくてはなりません。時には他のスタッフにきびしいことを言われるかもしれないし、お客の立場では気づかなかったさまざまなことが、心にさざ波を立てることもありましょう。そうしたことを含め、一から、“ひとりのスタッフ”としてお店に関わる覚悟はできているでしょうか?  とある雑貨店の店長さんのお話を紹介しますね。
次のページ 
お客さんを雇って散々な目に
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ