Entertainment

石原さとみ“リモワ婚”に篠田麻里子“玄米婚”。キャッチフレーズがついた結婚5選

 女優の石原さとみが10月1日、年内に結婚することを発表しました。お相手は同業者や社長などではなく、友だち夫婦の紹介で知り合った同年代の“一般男性”。
『andGIRL 2020年05月号』(エムオン・エンタテイメント)

『andGIRL 2020年05月号』(エムオン・エンタテイメント)

 初対面から好印象を抱いており、食の好みや健康観などの価値観が一致。家族愛が強いところも同じで、「この人と家族になりたい」と涙が出るほど温かい気持ちになったそうです。  この結婚を語る上で欠かせないのが自粛中のエピソード。所属事務所のホリプロは、以下のようなコメントを発表しました。 「彼のテレワークを隣で見ていた時のこと。後輩への教え方がものすごく丁寧で、歴史上の人物や経営者など自分が感銘を受けた人の言葉を交えながら、相手が楽しく仕事ができるように指導している彼の様子がとても新鮮に映ったそうです」  言わば「リモワ婚」(リモートワーク婚)になったわけですが、「○○婚」というキャッチーなフレーズが芸能人の結婚に付いてまわることってありますよね。

篠田麻里子(タレント):玄米婚

 例えば、昨年2月に3歳下の会社経営者と結婚した元AKB48の篠田麻里子は「玄米婚」が話題になりました。
 長年世話になっている整体師の紹介で、2018年10月に夫を含め4人で食事会を開催。「玄米を食べて育った」などの共通点で盛り上がり、後日、初めて2人で食事をした際にプロポーズされたことを明かしています。 「あんなに玄米がフィーチャーされると思っていなかった」と本人も予想外の反響だったわけですが、平成最後のメモリアルな結婚となりました。

高橋みなみ(タレント):令和婚

 元号が「令和」に変わった5月1日、元AKB48の総監督、高橋みなみは「会った瞬間にビビッときた」という15歳上の一般男性との約3年間の交際を実らせました。
「旦那が昭和生まれで、私が平成生まれ。時代が変わる瞬間、しかも5月1日が大安だったということもあって人生を共に歩もうと決めました」  左手薬指に輝く指輪を報道陣に見せながら、ハッピーオーラ全開でそう語った高橋。メディアは「令和婚」として祝福しました。今年の結婚記念日には、「Stayhome」と書かれたおそろいのTシャツを着たツーショット写真を自身のインスタに掲載。ラブラブなようで。
次のページ 
瀬戸康史(俳優)&山本美月(女優):オタク婚
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ