Love

外食で彼氏が1.5人前食べてもワリカン…がめつい彼との別れを決めた発言

 よく聞く離婚の理由のひとつに、金銭感覚の違いがあります。夫婦までいかなくても、恋人が同棲すると、お金に対する態度への違和感から破局することもあるようです。  そんな経験をした女性に話を聞いてみました。
夫婦喧嘩・シルエット

写真はイメージです(以下同じ)

半年で同棲が終わった理由はお金

 同棲していた彼との別れを振り返るのは、都内で働くマイさん(29歳・仮名)。  当時「とにかく大好きだった」と語るその彼との出会いは合コンで、アプローチも、同棲の提案もマイさんからでした。  大好きな彼と一緒に暮らし始めた頃は、幸せすぎるあまりふと涙がでるなんてこともあるほどだったそうですが、ふたりの同棲生活はわずか半年足らずで終わりを迎えてしまいました。その理由を尋ねると、「お金に対する考え方の違いがあった」とマイさんは答えました。 「まず前提として、私は彼の前で少食のふりをしてたんですよ。本当は食べるの大好きで、いつもたくさん食べるんですけど……もう彼のことが大好きすぎて嫌われたくなかったので、外食に行くとだいたい半分食べて『お腹いっぱい』とか言ってたんです。で、それを彼に食べてもらうっていう。女の子っぽいじゃないですか(笑)」

彼の方から「俺が食べてあげるから」でもワリカン

 物心ついたときから、一貫して“ぽっちゃり体型”だったというマイさん。食事を半分も残すことは通常ではあり得ないことだったとか。 「ただ、食事の後のデザートとか、お茶しに行ってケーキを食べるときとか、家でアイスを食べるときとか……そういうのは、彼の前であっても普通に全部食べるんです。  一般的に、『甘いものは別腹』っていうじゃないですか。細い子だってスイーツはよく食べてるイメージがあったし、甘いものなら可愛いかな? って思っていたので」  それで……と、マイさんは続けて、 「同棲を始めてから、外食に行くと、私がまだ食べ始めたばかりなのにも関わらず、彼の方からこう言ってくるようになったんです。 『そんなに食べれないでしょ。食べれない分俺が食べてあげるから』って。  それってちょっと違うな、と思ったんですけど、もっと違和感あったのはお会計で、彼は私の分も含めて軽く1.5人前食べてるのに、その分多く出すとかしないんです。私から『食べて』って言ってるときは気にならなかったんだけど……」 がめつい彼氏
次のページ 
彼からのプレゼントは毎回お菓子
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ