Lifestyle

すぐ「私オバさんだからさぁ」と言う同僚にモヤッ。なぜ自虐するのか

<みきーるの女子マインド学>  テレワークもだいぶ広まりましたが、オフィスにも少しずつ人が戻っているようです。今回は、職場の女性に関するお悩みをいただきました。

オバサンアピールが激しい同僚にモヤッ

【Q】すぐ「オバさんだからさぁ」と言う同僚。私、同い年なんですけど…
オバサンアピールが激しい同僚にイラッ

写真はイメージです(以下同)

「新しく仕事のチームに入ってきた女性が、“オバさん”を多用しすぎてイライラします。その女性・Aさんは私と同い年の34歳なのですが、なにかにつけて『オバさんだからさぁ』とか『オバさんにはわかんない』などと言い、返答に困ってしまいます。その中には、『もちろん、あなたも仲間よね?』という私への圧も感じられ……。  私は必要以上に若く見られたいとは思いませんが、『一緒にしないで』という気もするし、職場には年上の女性もたくさんいるので、彼女たちが不快に思っていないかヒヤヒヤします。実は同じ部署に気になる年下男性がいることもあって、モヤモヤは募るばかりです。自分で自分を“オバさん”と思うのは勝手ですが、なぜわざわざ口に出すのでしょう?」(カオルさん・34歳)

すぐ「オバサンだから」と言うその心とは?

【A】気分は「あつまれ! オバさんの森」! ひとりで“オバる”のはさみしいから すぐ「オバサンだから」と言うその心とは? たしかに「オバさんだからさぁ」とイントロをつける女性、いますよね。同い年の女性がのたまう“オバさん”に、居心地が悪くなるのはわかります。「私は現役下りました! ユーは!?」と問いかけられたようで、いたたまれない気にもなりましょう。  特に日本の“オバさん”という言葉は難しく、立場を表す場合以外は、ふてぶてしいイメージがあったり、悪口のように聞こえてしまうのも問題です。カオルさんのように年下の人が好きなら、なおさらモヤることでしょう。  おそらくAさんは、「私って、オバさんなんだ」と腑に落ちたとき、何かすごくラクになったのではないかと思います。“オバさん”と自称することで、“無理してがんばらなくていい優先パス”をもらったような……そんな気になったのかもしれません。  だから、「あなたもラクになろうよ!」という気持ちを裏に置きながら、「オバさん」と言っているのでは? ただ、ひとりで“オバる”のはさみしいので敢えて口に出し、「あつまれ! オバさんの森!」的なムードを出しているのだと思います。
次のページ 
私も「オバサン」にのるべきなの?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ