Lifestyle

5歳の子ども同士で起こった性被害。大反響の実話マンガ『なんで言わないの?』

 子ども同士の性被害について描かれたブログマンガ『なんで言わないの?』が注目を集めています。  子どもの性被害と聞いて多くの方が思い浮かべるのは、青年期以降の大人による加害かと思います。幼い子どもを持つ親御さんは、常々警戒しておられることでしょう。しかし、子どもが受ける性被害は大人に限ったことではありません。
なんで言わないの?子供同士の性被害

※画像は『なんで言わないの?子供同士の性被害』(作:ゆっぺ)より、以下同

見過ごされやすい子ども同士の性被害

 作者のゆっぺさんは、ご自身が5歳のときに同級生から性被害を受けた経験を持つ女性です。5歳児同士で性被害? と感じるかもしれませんが、あまり知られていないだけで、子ども同士における性被害が発生することもあるのです。ゆっぺさんは、見過ごされやすい子ども同士の性被害について多くの大人に知ってもらいたいとの思いから、実体験をマンガ化して『ゆっぺのゆる漫画ブログ』で公開しています。  子どもたちの世界で何が起きているのか。『なんで言わないの?』をとおして子どもと性の問題について見ていきたいと思います。これより先は具体的な描写を含むため、フラッシュバックなどの心配がある方はご注意ください。 ※ゆっぺさんもブログ内で繰り返し明記していますが、この漫画は30年以上前の個人の体験談であり、現在の幼稚園や保育園での対応とは異なります。また、当時の幼稚園や保育士を批判するものでもありません。

幼稚園で、ボス的存在の男児に目をつけられる

『なんで言わないの?』の舞台は今から30年ほど前、当時5歳だったゆっぺさんが通う幼稚園です。 なんで言わないの?子供同士の性被害 転入生でおとなしい性格だったゆっぺさんは、クラスのリーダー的存在の男子「ボス太郎」に目をつけられ、弁当に上履きの中のごみを振りかけられたり、私物を隠されたり、制作物を壊されるなどのいじめを受ける日々を送ります。  おとなしい性格ゆえに「やめて」が言えず、大好きな母親にも打ち明けられないまま、ボス太郎のいじめに耐えていたある日。お昼寝の時間に、事件は起きました。

布団の中に手を伸ばし、下着の中へ手を入れてきた

なんで言わないの?子供同士の性被害 なんで言わないの?子供同士の性被害 ゆっぺさんの隣で寝ていたボス太郎は、先生が教室を離れたタイミングでゆっぺさんの布団の中に手を伸ばし、下着の中へ手を入れてきたのです。 なんで言わないの?子供同士の性被害 体をよじらせ逃げようとしてもしつこく触られ、不快な気持ちと「恥ずかしいことをされている」という認識もあったものの、「大きい声を出してみんなに注目されたくない、知られたくない」「自分が我慢すれば何事もなく過ぎていくはず」と、ゆっぺさんは最後まで声を上げることができませんでした。
次のページ 
行動はさらにエスカレート
1
2
3
4
5
6
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ