Love

38歳バツイチが出会い系アプリをやってみたマンガ、1人目からとんでもない男が

 今や「出会いがない」なんて言葉は死語。スマホをひらけば異性が待っているマッチングアプリ時代。とはいえまだまだ敷居が高い、と警戒しているあなたへ。
38歳バツイチ女性がマッチングアプリをやってみたマンガが、1人目からとんでもない

写真はイメージです(以下同)

38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』でバーチャルに予習してみてはいかが。あくまで「著者の体験を元にしたフィクション」ですが、テレビ東京で11/18からドラマ化もされており、内容はかなりリアル。

38歳バツイチ女性、開始3分で大量のLikeをゲット

 本書の主人公チアキは38歳。マッチングアプリに登録したのも、婚活!恋活!といったギラギラさはなく、「やってみた」というふんわり感です。  プロフィール本文も画像も気合ゼロ。ゆるいな、と突っ込み入れたくなりますが、それでも開始3分で99人以上から「Like」をゲット。年齢も公表しているのに(失礼!)この快挙。登録者の多さがうかがえますし、出会い系のツールとしてもはや健全なのかもしれません。それでは本書から主人公がマッチングアプリと出会うプロローグを出張掲載します。
38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記1

マンガは本書より抜粋(以下同)

38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記238歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記338歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記438歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記538歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記6

マッチングアプリのルール

 38歳という年齢も生々しく、寂しさを埋めるように、男性と会いまくっているのです。最初の1週間で8人! しかもイケメンばかりのグッドルッキング天国。これってどんな秘訣があるの?  私自身は、マッチングアプリを登録したことも活用したこともありません。本書の例で言うと「相手を探す方法は『距離』」。つまり、「10キロ圏内ですぐ会える人」を狙っても田舎だと「周りには誰もいません」とすぐさま却下され、首都圏だとヒットしまくり、となるわけ。単純に今すぐ会いたい、の希望にこたえるのは、やっぱり都会なんですね。
次のページ 
アポ1人目は、まさかの男子大学生
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ