Beauty

アラフォーが使うと老け見えするプチプラコスメ、ラメ入りアイシャドウは危険

 プチプラコスメにはデパコス級クオリティのアイテムもあり、年代問わず注目されやすいです。でもアラフォーメイクに取り入れるときは、慎重なアイテム選びが大切。  この記事では、アラフォーが避けてほしい、安っぽく見えてしまうプチプラコスメを3アイテムご紹介します。NGコスメとOKコスメを見比べてみましょう。

アイシャドウはザクザクラメよりもパールが◎

華やかな目元にするときはザクザクラメよりもパールが◎ ラメやパール入りのアイシャドウは、安っぽく見えやすく、アイテム選びに失敗しやすいアイテムです。今回比較するコスメは、キャンメイク「ジュエリーシャドウベール 03」660円(税込)と、マジョリカマジョルカ「シャドーカスタマイズ BE286」550円(税込)。 “アイホール全体に使って華やかな目元に仕上げたいとき”のアイシャドウとして、どちらが向いているのか、2つのアイシャドウを使ったアイメイクを比べてみましょう。 アラフォーメイク・アイシャドウはラメ入りよりパール入りを選ぶ キャンメイクのアイシャドウは小粒・大粒のラメが入ったアイシャドウ、マジョリカマジョルカはパールが入ったアイシャドウです。キャンメイクの小粒ラメをアイホールのせるとギラギラとしてしまい、主張が激しい目元になってしまいました。  一方パール入りのアイシャドウを使うと、品を失わずに華やかさを演出でき、若々しい印象のアイメイクになります。パール入りのアイシャドウであれば、ぬり重ねてもOK。アイホールだけではなく、涙袋にも使える万能アイテムです。
次のページ 
人気の赤リップも選び方に注意!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ