Entertainment

人気BLドラマ「チェリまほ」に原作漫画ファンもグッときまくったワケ

 まさか、この作品が実写化する時代が来るなんて思ってもみませんでした……。『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)、通称「チェリまほ」は『パパと親父のウチご飯』でも知られる豊田悠の漫画が原作のドラマです。
通称「チェリまほ」『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(画像:テレビ東京公式サイトより)

通称「チェリまほ」ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(画像:テレビ東京公式サイトより)

 筆者はもともと原作漫画を読んでいたのもあり、密かに「実写化するなら誰がイイかな~」なんて勝手にキャスティング会議を脳内で繰り広げていた者としては、見逃すわけにはいかなかった今作。自分なりにグっときまくったポイントをつづっていきますので、まだ視聴していない方や見るのを迷っている方、ぜひ参考にしてくださいませ。

陰キャの童貞魔法使いの成長物語

 主人公は、30歳の誕生日に「触った人の心の声が聞こえる魔法」を手に入れた安達清(赤楚衛二)。同期のイケメンエリート・黒沢優一(町田啓太)が自分に好意を抱いていることを知ってしまったことで、2人の関係が次第に変化していきます。  全てにおいて完璧な黒澤の中からあふれ出る、狂おしいまでの自分への恋心に、戸惑いを隠しきれない安達。しかし、その想いを知ってからは少しずつ黒澤に特別な感情を抱き始めていることに気づきます。
 近年すっかり市民権を得て増加しつつある実写のBL作品。今作の特筆すべき事項は、何と言っても主人公が「人の心が読めるようになった」というファンタジー要素です。三十路の童貞=魔法使いというある種のスラングを、ここまで愛を持って昇華した作品は他にないでしょう。  安達は魔法使い化したことで、これまで知らなかった周囲の人々の真実に触れていきます。そのひとつが、自分とは違うステージにいる人間だと思い込んでいた黒沢の真意です。自分への恋愛感情だけでなく、自分を同僚として認めて尊重していること、彼自身にも悩みが迷いがあること……それを知ったことで、安達は陰キャでモテないと思い込んでいた自分から少しずつ脱却していきます。  魔法を手にしたことをきっかけに一歩一歩成長していく安達の姿には、「頑張れ!」とついつい応援の声をかけたくなります。そのため安達を想う黒沢の気持ちにも説得力があり、彼の心が発する「可愛い」にも完全同意できてしまいます。  そして、現実には人の心が読める魔法なんかはないけれど、「どうせ自分なんか」と卑屈になっているだけは前に進めないのだと、このドラマは語りかけてくれているようにも思うのです。
次のページ 
もう一人の魔法使いの恋
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ