Lifestyle

コロナ禍で雇い止めに。「12月はバイト代4万円だけ」という女性の現実

 冬場を迎え、これまで以上に猛威を振るっている新型コロナウイルス。全国各地で感染者が急増しているのは心配ですが、同様に気がかりなのはコロナで職を失った人たちです。 新型コロナウイルス、クラスター、感染 厚生労働省の発表によると、コロナ関連での雇い止めや解雇は、11月13日時点で7万1121人(※見込み含む)。もっとも多いのは東京都の1万6918人で、大阪、愛知と人口密集地が続いています。

契約社員だから失業給付が出ると思わなかった

 7月まで都内のアパレルショップに勤めていた福村彩花さん(仮名・23歳)もコロナによる急激な業績悪化により解雇されてしまいました。  その後は思うような業種・雇用形態の仕事は見つからず、なんとか採用された飲食店のアルバイトもコロナの感染拡大で忘年会の予約はほぼキャンセル。週末の夜も閑古鳥(かんこどり)が鳴いている状態で、今は人件費を抑えたい店側の事情で週1~2日しか働けません。 「採用された8月から11月の上旬までは週3~4日の出勤で、アパレルよりは少ないですがバイト代も月10万円は出ていたんです。けど、12月はこのままだと4万円に届くのがやっとだと思います」
福村彩花さん(仮名・23歳)

福村彩花さん(仮名・23歳)

 ところが、彼女は大きな判断ミスをしていたことに、あとで気づいたといいます。契約社員でも、雇用保険に入っていたなら失業給付をもらうことができ、アパレルショップの解雇は受給資格を満たしていたのです(所定労働時間が週20時間以上などの条件で、会社は雇用保険に加入義務があるのです)。  そのことを知らずに、解雇された翌週から飲食店で働き始め、当時は週20時間以上勤務していたので、失業給付を受給できませんでした。失業給付は、「職が見つからない人」がもらえる制度だからです。 「私、そういう知識が全然なくて……。正社員じゃなかったから失業保険をもらえる資格なんて最初からないと思い込んでいました。たまたま知り合いに詳しい人がいて、『バイト代より多いお金をもらえていたかもしれないよ』と聞いたときは、解雇通告を受けたとき以上にショックでした」

彼氏に頼み込んで同棲を始めるも関係が悪化

 契約社員やアルバイトなどの非正規雇用だと、失業給付の受給資格があっても本人がそれに気づいていないというケースはよく聞きます。  失業給付より少ないバイト代での生活を余儀なくされた彼女は、住んでいたアパートを解約。付き合って1年半になる2歳上の恋人に頼み込み、押しかける形で彼の家で同棲を始めます。 「最初はこころよく受け入れてくれましたが、彼が住んでいるのはワンルーム。向こうは私と違って毎月ちゃんとお給料をもらってるので折半というわけではないですが、家賃と光熱費の一部を負担すると話して、月4万円を支払うことにしたんです」
同棲中の彼氏のアパート

同棲中の彼氏のアパート

 失業後の彼女にとってはかなりの負担でしたが、一方的に相手に負担させるようなことはしたくなかったとか。でも、一緒に暮らし始めて以降、彼氏は同棲前に見せなかったイライラした態度を取るようになり、2人の仲は険悪になっていきます。 「一応、住まわせてもらっている立場なので料理や洗濯、部屋の掃除もしていました。ただ、私も悪いのですが『また散らかして』とかポロっとくちばしったことが小言のように感じたらしく、急に不機嫌になったりすることが何度かあって。  2人で家にいても何時間もまったく会話しないこともあるし、同棲をやめたほうがいいかも…というだけじゃなく、交際そのものについても考えるようになりました」
次のページ 
今のままじゃ東京では暮らしていけない
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ