Entertainment

メーガン妃、第2子の流産を公表。共感と反発の声があがった理由

 今年イギリス王室をいきなり離脱し、世界に衝撃を与えたヘンリー王子とメーガン妃(39)。最近では第2子妊娠の噂もささやかれるなか、メーガン妃はこのたびエッセイを発表し、今年7月に流産していたことを明らかにした。今回の公表には称賛や共感の声も広がる一方で、「個人的な出来事をいちいち公にする意図が分からない」などといった反対意見もあり、物議を醸している。

第1子を抱きながら、第2子を失いつつあることに気がついた

メーガン妃

メーガン妃

 メーガン妃はこのたび、アメリカの新聞『ニューヨーク・タイムズ』にエッセイを寄稿し、第2子を流産したことを告白した。そこには、今年7月のある朝の出来事が生々しく綴られている。 「アーチーのオムツを替えた後、腹部に激しい痛みを感じました。私は彼を抱いたまま床に倒れこみ、気持ちを落ち着けるために子守歌を口ずさみました。その明るい曲調は、何か悪いことが起こっているという私の感覚とは、全く対照的なものでした」 「私は第1子を抱きながら、第2子を失いつつあることに気がついたのです」  1歳6か月の息子アーチー君のオムツを替えていた時に、腹部に激しい痛みを感じたメーガン妃は病院に搬送。その後、病院のベッドで流産という事実を突きつけられ、夫のヘンリー王子と涙を流したという。 「数時間後、私は夫の手を握りながら病院のベッドに横たわっていました。彼の手のひらは、じんわり湿っていました。私は、私達の涙で濡れた夫の指にキスしました。冷たい白い壁を見つめながら、私の目は涙でぼやけていました。私達がどうしたら立ち直れるかを考えていたのです」

100人の女性がいたら、10人から20人は流産していることを知った

 メーガン妃は、その悲しみは「耐え難い」ものだと綴る。 「子供を失うということは、耐え難い悲しみを伴うもので、多くの人々が経験しているにもかかわらず、あまり話されることのないものです。この痛みの中、夫と私は1部屋に100人の女性がいたとしたら、10人から20人は流産していることを知りました」 「しかし、この痛みが驚くほどありふれたものであるにも関わらず、その会話は依然としてタブーとされています。不当にも恥じる気持ちでいっぱいになり、永遠に孤独なまま、喪に服すことになるのです」 「勇敢にもその経験を打ち明けた人もいます。彼らが扉を開いてくれました。1人が真実を語ることで、すべての人が同じように行動できるようになるのです」  最近では、人気モデルのクリッシー・テイゲンをはじめ、自身の流産の経験をオープンに語るセレブも増えてきている。メーガン妃も「自分がその事実を公にすることで、誰かの励みになるかもしれない」との想いから、公表に踏み切ったと伝えられている。

「タブーを破った」「私生活を切り売りしている」分かれる賛否

 気になるのが英王室の反応だ。実はメーガン妃、離脱後は疎遠になっている英王室にも、流産を公表することを事前に連絡した模様。ただ英王室側は、この件について「きわめてプライベートなことなのでコメントはしない」と話している。一方で、私生活については公表しないという慣習を持つ英王室も、今回はメーガン妃に対し一定の理解を示しているとも報じられている。  また、流産や子どもの死を経験した家族を支える団体をはじめ各方面から、「メーガン妃はタブーを破った」「“あなたは一人ではない”という力強いメッセージを発信した」と称賛する声が相次いでいる。  けれどもネット上では批判も多く、「流産したこと自体はとても気の毒に思う。でもそれを公表するのは、私生活を切り売りしているように見える」「これまでプライバシーを守れとメディアに言ってきた彼女が、どうしてこういう発表するの?」といった否定的なコメントも目立つ。  エッセイの中では、癒しについても言及しているメーガン妃。特に、こんな今だからこそ、誰かに「大丈夫?」と声をかけることの大切さを訴える。 「私達は学びました。元気でやっているかどうか人から尋ねられた際、その答えに真摯に耳を傾けてもらうことで、悲しみが軽減されることを。私達は皆そうです。痛みを分かち合う場所に身を置くことで、共に癒しへの第1歩を歩み始めることが出来るのです」 「今年の祝日(感謝祭)は、これまでとは違ったものになるでしょう。私たちの多くが、愛する人たちから離れ、孤独、病み、恐怖、分断のなかにいます。そして、感謝できる何かを必死に見つけ出そうとしているかもしれません。どうかみなさん、周りの人に声をかけましょう。“大丈夫ですか?”と」 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ