Gourmet

“くり返し使える”食品保存バッグが優秀。使ってわかった良い点・悪い点

 食品の保存や食材の下ごしらえ、小物の整理や収納など、幅広く使える保存バッグ。けれども、たった1度使用しただけで、捨ててしまうのは「もったいない」と感じたことはありませんか? 特に、プラスチックごみが問題になっている昨今、繰り返し使える商品があったら……そんなわけで今回は、アメリカから上陸したエコで便利な保存容器に注目、実際に使ってみた感想をレポートします!

繰り返し使える! 100%プラスチックフリーの保存容器

スタッシャー

(※画像:スタッシャーの公式ウェブサイトより)

 今年から多くの店舗でレジ袋が有料化されました。私も必ずエコバッグを持ち歩くようになり、すっかり“サステイナブル”な気分になっていたのですが、ある日ふと気が付きました。知らないうちに、プラごみを大量に出していると……。  料理をしている際、食品の冷凍や冷蔵、下味調理などで使ったフリーザーバッグを躊躇なくポイポイ捨てていたのです。とはいえ、食品を保存したバッグは、一度使ったら再利用しないのが基本。ならば、食品の保存や調理に使っても再利用できる商品はないものか? とネットで調べ始めました。  そして見つけたのがコチラ。100%プラスチックフリーのシリコーン製保存容器『スタッシャー』です。
 食品の冷蔵・冷凍保存はもちろん、電子レンジや湯せん、コンベクションオーブンなどで調理することができるスタッシャー。耐熱温度は250℃、耐冷温度は-18℃で、幅広い温度帯に対応。低温調理や蒸し料理、電子レンジでの解凍・加熱・調理、コンベクションオーブンで肉や魚を焼いたり、おかずやごはんを冷凍・冷蔵保存したりと、様々な場面で活躍します。  米カリフォルニア州に住む1人の女性が脱プラスチックを目指し、健康や環境に最大限配慮しながら生み出したこちらの商品。原料は、医療用器具や乳幼児用の製品にも使用されているピュアプラチナシリコーンなので安心して使えます。そして何より、洗って繰り返し使えるのが特徴で、食洗器でも洗浄可能とのこと。  エコで安全で便利。なんとも優秀なアイテムですが、実際の使い心地はどうなのか? さっそく試してみましょう。

火が通りにくいニンジンを蒸してみた

 では最初に、スタッシャーを使ってニンジンを蒸します。
スタッシャースタンドアップ①

今回使ったスタッシャーの保存バッグ

 なかにニンジンを入れ、空気を抜きながら密閉します。特許技術のピンチロックシステムによりしっかり密閉することができます。
スタッシャースタンドアップ②

「ピンチロックシステム」で簡単に密閉できる

 鍋のお湯が沸騰したら、ニンジンが入ったスタッシャーを静かに入れ、しばらく放置。
スタッシャースタンドアップ③

熱湯に入れても全く問題なし

 その結果、13分だとまだ固く、15分だと固めのアルデンテのような感じに。その後は火を止めて、スタッシャーは密閉したまま、鍋の中にしばらく置いておきました。それから20分くらいしたら、フォークがさせるくらいの固さに蒸し上がりました。火が通るまでに約30分……ニンジンの乱切りだから、けっこう時間がかかったのかな?
スタッシャースタンドアップ④

約30分間、熱湯の中で蒸すとフォークが通るくらいの固さに

 火が通る時間は、食材や切り方によって変わってくると思います。  野菜は長い時間ゆでると栄養素も流れてしまうといいますが、スタッシャーに入れて蒸せばその心配もなし。ピンチロックシールをしっかり押して密閉すれば、栄養素、旨味などを閉じ込め、食品を新鮮な状態に保つそうです。  蒸したニンジンは、今度酢豚を作るときにでも使うので、容器ごと冷凍します。
次のページ 
湯せんで豚の生姜焼きも作れる!
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ