Entertainment

ブリトニー・スピアーズのインスタにファンが心配「彼氏に監視されてない?」

 ここ数か月、奇妙な写真や謎のダンス動画を連投し、世間を騒然とさせているブリトニー・スピアーズ成年後見制度をめぐり実の父親と法廷闘争を繰り広げるなか、「もしかすると自宅で缶詰め状態にされて、自由に行動できないのかも」「年下彼氏に監視されているのでは?」などといった不穏な噂まで浮上するように。こうした声を受け、ブリトニーは「私はとても幸せよ」とSNSで近況を語ったが、いまだ多くのファンが不安や疑念を感じているようだ。

12歳年下彼氏にも疑いの目

ブリトニー・スピアーズ

ブリトニー・スピアーズ

 2019年に活動休止を発表し、現在は表立った音楽活動はしていないブリトニー。そのため、ファンとの交流はもっぱらインスタグラムを通じて行われている。ところが、そのインスタ投稿に違和感を覚える人が続出している。  投稿されているのは、ダンスやエクササイズの動画、お気に入りのメイク・ファッション・アートの紹介、ときには全身に入れたヘナタトゥーの写真など。ただそれらの動画やセルフィーを見てみると、日々の暮らしを楽しげに発信しているというより、カメラをじっと見つめ、何かを訴えているようにも感じられる。  こうしたただならぬ雰囲気に多くの人が心配を募らせており、なかにはブリトニーのインスタ投稿を「怖すぎる」と発言する著名人も。一方で、この世間の反応に異議を唱えているのが、ブリトニーと行動を共にしている12歳年下彼氏のサム・アスガだ。サムは自身のSNSで「彼女は人の意見を気にすることなく自分自身を表現しているだけ。嫌ならインスタをアンフォローすればいい」と発言、愛する彼女を擁護した。  ただ以前から、サムに対して疑いの目を持つ人も多く、「お金目当てで付き合っている」「彼がブリトニーを監視している」「彼にコントロールされてしまっているのでは?」といった声も。そのため、サムの言動により、ブリトニーの安否を気遣う声がより一層強くなっているのが現実だ。たとえば、10月に2人で旅行に出かける動画がインスタに投稿されたとき。
 先入観なく見れば、単にカップルがプライベートジェットに乗って旅立つ映像だが、長い間ブリトニーを見てきたファンは不自然な点がたくさんあると感じた模様。  たとえば動画のなかでは、搭乗する前にブリトニーが振り返り手を振っているが、一部のファンは「これは本人じゃない」と感じたという。さらに、「ヘアスタイルが不自然。エクステンションじゃないか」「右手首に巻かれている黄色いバンドは何かを隠しているのでは?」「サムがブリトニーに何かを指図しているように見える」など、ファンは不審な点を多く挙げている。

SNSで「私は元気。今とても幸せ」と近況報告も……

 現在、成年後見人を務めてきた父親ジェイミー・スピアーズと法廷闘争を繰り広げているブリトニー。そのため、ファンからはその精神状態や生活環境を心配する声が噴出している。  特に、自宅で軟禁状態に置かれているのではないかという噂も根強く、インスタにアップされた旅行の動画も「家から出られると見せかけるためのヤラセ映像」と見る人も。そのうえ、彼氏であるサムを“監視役”と疑う声も多いのだそうだ。  様々な情報が錯そうし、一時はインスタの更新も途絶えていたブリトニー。しかし今月に入り、久々に動画をアップし、「いろいろ言われているけど、私は元気。今が一番幸せよ」と近況を報告した。
 奇行を繰り返し、精神的な問題がささやかれ始めた2007年頃より、成年後見人である父ジェイミーの管理下に置かれてきたブリトニー。長きにわたり資産や生活全般をジェイミーに管理されていたが、昨年、ジェイミーが健康上の理由から成年後見人から身を引き、長年のケアマネージャーであるジョディ・モンゴメリーが代役を務めてきた。  本人としては、引き続きジョディ・モンゴメリーが成年後見人を継続することを望んでおり、ジェイミーが自分の成年後見人に戻るのは「断固お断り」と表明。「娘の資産を横領などしていない。娘を愛している」と主張する父親との間で法廷闘争を繰り広げている。  さらに巷では、父親の管理からの“解放”を願う「解放運動#FreeBritney」キャンペーンが盛り上がり、米で強い影響力を持つ人権団体が「本人が望むなら支援します」と声明を出すほどの事態に発展している。

「完璧じゃなくたっていい!」フォロワーに呼びかけ

 そんなブリトニーは、感謝祭にあたる26日(木)にもインスタを更新。元夫ケヴィン・フェダーラインとの15歳と14歳の息子たちが学校で休みになり、一緒にいられる時間が出来るため、1年で大好きな日の1つだと明かしている。そしてフォロワーに対し、「パーフェクトな人などいない」ことを忘れないように呼び掛けた。  そこには冗談交じりでこう綴られている。
「2020年は世界の誰にとっても、めちゃくちゃな年になってるわよね。正直言って、今日が何曜日だかわからなくなる時がある。常にカレンダーをチェックしちゃったりね。完璧じゃなくても良いの。オーブンでピザを焦がしちゃっても、読書の後に1時間泣き続けても、サングラスを肩にかけたまま探し続けたなんてことがあっても、クローゼットがぐちゃぐちゃでも、掃除用具をどこに置いたか忘れてしまっても、1か月本当は良くない食生活を送ってしまっても大丈夫。みんな、だってホリデーシーズンだもの!」 「パーフェクトな人なんていない。実は、私なんて今週が感謝祭だってことさえも忘れていたんだから!」  完璧じゃなくていいから、とにかく元気でいてほしい……そう願っているブリトニーファンも、きっと多いことだろう。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ