Lifestyle

「ぼんやり息子の方が将来成功する」脳の働きからみた男子の育て方

 脳科学の視点から人と向き合うことで、より円滑な人間関係が生まれる。そんな視点から執筆され、累計40万部以上を記録した『妻のトリセツ』をはじめ、『夫のトリセツ』『娘のトリセツ』などのベストセラーを連発しているのが、脳科学・人工知能(AI)研究者の黒川伊保子さんです。  そんな黒川さんが、今年11月に新たに上梓したのが『息子のトリセツ』。
親子

画像はイメージです(以下同)

 一見、母親にとっては不可解な行動が多い男の子たちの脳の動きを分析しつつ、本来の資質を活かしながら、より良い男性に育てる方法について解説しています。そこで、今回は、黒川さんに、将来、冒険心や創造力を持ち、「成功する男」を育てる秘訣について聞きました。 息子のトリセツ

運動能力を育てるには、7~8歳まで外で自由に遊ばせる

――「女の子に比べると、男の子は活発だし、言うことを聞かない」と語るお母さんは多いように感じます。男の子を育てるとき、母親が気を付けた方が良いのはどんな点なのでしょうか? 黒川:まず、8歳くらいまでは、自由に外で遊ばせることが大切です。運動制御を担う小脳の基本機能は、8歳までに整います。このときまでに、野山や公園を駆け回って遊んで小脳を鍛えれば、将来、十分スポーツを楽しめる身体になります。このとき、可能であれば、年齢の違う子同士で自由に遊ばせるといいですね。運動能力の違う身体を見て触れることは、特に小脳を刺激し、発達を誘います。 ――8歳くらいまでに、いかに外で遊ばせたかで、子どもの運動能力が左右されるのですね。 黒川:個人差はありますが、運動能力を駆使するスポーツに関しては、8歳までに始めた方がいいと言われます。昔、花柳界では、踊りや三味線などの習い事は、6歳の6月6日に始めるという風習があったと聞きますが、脳科学的にもこれは理に叶っています。プロスポーツのトップアスリートたちも、6歳までにそのスポーツを始めているケースが圧倒的に多いです。また、小脳は芸術的才能も司っていますが、音楽の道に進ませたいなら、7歳くらいまでに楽器演奏を経験させてあげましょう。

ミニカー遊びやブロック作りが、理系脳を育てる

――「外遊び」の一方、家の中でのミニカー遊びやブロック作りなどの「内遊び」はいかがでしょうか? ブロック遊び黒川:「内遊び」も重要です。こうした内遊びは、「構造」を理解する上で欠かせない、小脳のエクササイズになるからです。内遊びによって距離や位置を認知し、構造や数を理解し、やがて脳に仮想空間を作って、そこで遊ぶ。こうした一連の「概念遊び」を支えるのが、小脳の空間認知力です。空間認知によって理系のセンスが育っていきますから。そして、こうした遊びと同じく大切なことがあります。それが「眠らせること」です。 ――なぜ、眠らせることが重要なんでしょうか? 黒川:「外遊び」や「内遊び」で刺激を受けた脳は、その入力(経験値)を咀嚼してセンスに変える必要があります。それは、内なる世界観を構築して、発見や発想の能力を高めるためです。脳内を整理する間は、外界から一度脳を遮断する必要があります。ここで重要な存在が、「眠り」です。眠りは、体を休めるのと同時に、脳が進化する時間でもあり、センスを作り、記憶を定着させてくれます。
次のページ 
勉強より睡眠のほうが大事
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ