Lifestyle

猫の保護団体を名乗る詐欺? びしょ濡れの子猫を“譲渡”された女性が告発

 愛玩動物飼養管理士の古川諭香です。「里親詐欺」など動物関係の記事を多数書いている私のもとに、最近、各方面から耳を疑うような話が入ってきました。なんと、動物保護団体を名乗り、様々な手口で金銭を不当に受け取ろうとしている人たちがいるというのです。  詐欺の可能性が高いため、実際に被害に遭った田村順子さん(仮名)に取材しました。

ジモティーで保護団体の里親募集に応募

「我が家で暮らしているスコティッシュフォールドのお友達として、女の子を迎えたい」。そう思った順子さんは今年の5月、地元掲示板「ジモティー」で保護団体を名乗る人の里親募集に応募しました。  相手からは、「避妊手術済みで1歳のスコティッシュフォールドであれば、現在募集中」という連絡が来て、保護団体が運営するホームページも送られてきたそう。「サイトのフォームから申し込みしてほしい。このフォームは譲渡契約も兼ねている」そう言われたので、順子さんは氏名や住所などを記入し、送信。  指定されたホームページには代表者の氏名や住所、電話番号などは記されていなかったものの、「猫の幸せ」と「人の幸せ」を両立させたいという思いや、完全室内飼いの推奨、これまでに譲渡した猫の情報などが掲載されていました。早く猫と暮らしたい気持ちのあった順子さんは、何か変だなと疑問を持ちつつもやり取りを進めてしまったのです。 「譲渡費用のことをまだ聞いていなかったので、フォームにスコティッシュフォールドと雑種の子猫で迷っていることを記したら、メールで返信が来て、雑種のきょうだい猫はどうかと言われました」(コメントは田村順子さん、以下同) 猫の譲渡詐欺1 譲渡費用は2匹で6万円とのことでしたが、不妊手術を含まない場合は2匹で3万円だったそう。

申し込みが殺到していると言われる

 申し込みが殺到しているので早期に引き取れる人を優先しており、できれば今日明日でお願いしたいという相手の条件を順子さんは了承。翌日に引き取れることを伝え、雑種の子猫を1匹譲ってほしいと頼みました。  すると、なぜかジモティーで連絡を取った時とは違い、相手は1匹のみの譲渡はできないと言ってきました。疑問に思った順子さんはジモティーで使用していた自身のニックネームを出し、1匹での譲渡は難しいのかと質問。相手の返答は、「現状では2匹一緒での譲渡以外は難しい」というものでした。 猫の譲渡詐欺2 順子さんは半ば諦めながらも、「他の申込者の方との抽選に当選したら、今日中に連絡します」という相手の言葉を信じて待つことに…。
次のページ 
びしょぬれの子猫を譲渡される
1
2
3
4
5
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ