Gourmet

家にある食材で免疫力UP!「腸活スープ」を作る4つのポイント

tyouspaロゴ400 話題の「腸活」をスープで取り入れよう。 腸活スープ コロナやインフルエンザが心配になる時期、これまで以上に気になるのが、「免疫力」ではありませんか? 免疫力を高めていくために最も重要なことは、「腸を強くすること」。免疫細胞の約7割が腸に存在しているため、いわゆる“腸活”が大事な鍵を握ると言われています。そしてその腸活を食事で考える場合、“スープ”を推奨する専門家が多く、それらは長寿スープ、腸活スープなどと呼ばれて提案されています。なんだか良さそうだけれど、難しそう。どうやって作るの? と疑問を持っている人も少なくないはずです。  そこで今回は、腸を強くするための「腸活スープ」の作り方のコツを、わかりやすく整理してみたいと思います。とにかく難しく考えずに、自宅にある食材を有効活用しながら、無理なく気軽に作ってみましょう!

腸活スープで大事にしたい4つのポイントとは?

 食事は毎日の積み重ね。長い目で見ると、その人の健康や美容に大きく関わる大事な要素ですが、裏返せば、1回の食事だけですぐに病気やダイエットが解決するわけではありません。そうです、つまり気負いなく実践することや、自分が“おいしい”と感じる体験を大事にすることこそが最も大切だと思います。ここでは、腸活スープにつながるコツ・ポイントをご紹介。取り入れられるものを無理なく選んで挑戦してみてくださいね!

①食物繊維を取り入れる

腸活スープ 食物繊維は、身体の老廃物を排出させ、腸内細菌を善玉菌優位のバランスに導いてくれる働きがあります。食物繊維は大きく2種類あり、水溶性と不溶性のどちらも大事。特に現代人は水溶性が不足しがちな傾向にありますから、意識的にスープに取り入れていきましょう。定期的な食物繊維摂取でオススメなのは、「きのこ類」と「海藻類」。ストックしやすく、季節を問わず、価格が安定しています。これらを基本として、冷蔵庫にある野菜を自由に加えていくのはいかがでしょうか?
次のページ 
②発酵食材とオリゴ糖を意識する
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ