Entertainment

12月の運勢&よい新年を迎えるためにどう過ごすか。人気占い師がズバリ

 九星気学鑑定士でYouTuberの加藤有而朗(かとうゆうじろう)です。古代中国から伝わる氣学をベースにした、東洋占星術の一つである九星気学を使い、みなさん今年の残りの運勢を判断します。 今年残りの運勢&よい新年を迎えるためにどう過ごすか。人気占い師がズバリ まずは、生年月日と誕生時間を選択するだけであなたの九星がわかる「【風水】九星気学カフェ」サイトの「九星気学シュミレーター」で、自分の九星を調べて、こちらの記事に戻ってきてください。
人気占い師YouTuber有而朗が占う今年の残りの運勢

(画像:「九星気学カフェ」公式サイトより)

〈一白水星〉変化の波に乗るには思い切って“整理整頓”を!

 今年の〈一白水星〉は九星気学の方位盤で「変化・改革」を表す北東(八白土星)の位置にいます。そのため、「変化」には欠かせない、必要なものと不必要なものを整理するのに良い年です。  〈一白水星〉の方は慎重な方が多いので、変化への不安を感じやすいかも知れませんね。しかし内面にはタフな精神力や芯の強さも持ち合わせていますので心配しないで下さいね。  来年の新しい氣を取り入れるためにも、身の回りの物や周囲の人間関係などを見つめ直し、思い切って整えてみると変化の波にのれるでしょう。年末の大掃除を兼ねて、是非あらゆる面での整理整頓を心掛けてみて下さいね。

〈二黒土星〉謙虚な姿勢が感情の浮き沈みを抑える鍵

 今年の〈二黒土星〉は九星気学の方位盤で「離」を表す南(九紫火星)の位置にいます。太陽の光を浴びる南の位置ではありますが、同時に悪い影響をもたらすとされている「歳破」にもあたるため、光と影が同時に当たりやすくなります。  周りからの称賛や評価を受ける反面、脚光を浴びれば浴びるほどその影も濃いものとなります。また感情的になりやすい時期でもあるので、一時的な感情に振り回されないよう、沸き起こった感情は一度手放し冷静さを意識してみると良いでしょう。  これから年末にかけて何かと慌ただしく、また気忙しくなる時期ですが、あまり感情的になりすぎず「謙虚」な気持ちを心掛けてみて下さいね。
次のページ 
〈三碧木星〉〈四緑木星〉の運勢
1
2
3
4
5
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ