Entertainment

だいたひかる、エドはるみ…かつての人気女性タレントの現在は悲喜こもごも

マリエ:デザイナーとして大忙し

 セレブタレントとして一躍有名になったマリエ(33)。当時、父親がオイルの輸入代行会社を経営しており、「移動手段は自家用ヘリ」と発言したことも。バラエティ番組だけでなく、ファッション誌やショーに出演しカリスマモデルとしての地位も築いていました。
 ところが11年から露出が激減。同年9月にニューヨークへファッション留学すると、帰国後は芸能界から遠ざかり、ファッションスクールで講師を務めるなどしていました。  最近は、徐々にタレント活動を再開。18年4月に出演した『有吉ジャポン』(TBS系)で、今の移動手段は地下鉄・大江戸線と告白。「なんかニューヨークのサブウェイ感がある」と上から目線で笑いを誘っていました。もちろんデザイナーとしても大忙し。サスティナビリティー(持続可能)を大切にした自身のブランドは、時代の先駆者として業界でも注目されています。

水沢アリー:番組であっさり整形を認める

 ハーフ顔のおバカキャラがウケ、“第二のローラ”としてバラエティ番組でブレイクした水沢アリー(30)。キャリアは順調そうに見えましたが、人気は長く続かず。テレビのキャラをプライベートでも引きずり、休業という決断を下すことになりました。
 昨年4月、久々にバラエティ番組に登場。『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で「(おバカキャラは)売れるために作った大嘘」と明かし、加えて「整形してます」と長年の“疑惑”をあっさり認め、場を盛り上げました。  現在は「愛」にまつわる仕事に精を出しており、講演会や花屋とコラボした花の配送サービスなどを行なっています。一度、精神的にダウンしたからこそ、心や愛の大切さを知っているのかもしれませんね。
次のページ 
モノマネ歌手の荒牧陽子、覚えてる?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ