Gourmet

疲れた時は、鶏むね肉!しゃぶしゃぶならグーンと美味しい

 サラダチキンに飽きた方にも。  みなさま、コロナ禍の生活、お疲れさまです。仕事や食事のスタイルがガラリと変わった人も少なくないでしょう。在宅疲れ、自炊疲れ。そんな溜まった疲労を、普段の食事で癒やすことができたらどんなに救われることでしょう。そこでオススメしたいのが、「鶏むね肉」。実は健康効果をしっかり期待するためには、むね肉の“選び方”も重要なんだとか。 鶏むね肉 そこで、今回は、鶏むね肉の健康効果と、冬ならではのおいしい食べ方をご紹介したいと思います。  まずはじめに、鶏むね肉ともも肉を比べた場合、むね肉の強みを整理していくことにしましょう。

鶏むね肉の魅力①値段が安い

→銘柄鶏を気軽に楽しむチャンス!

鶏むね肉 鶏のむね肉は“家計の味方”と言われるほど、リーズナブルなお肉ですよね。ジューシーなもも肉と比較すると、価格は6~7割程度。パサパサ感や味気なさを上手にクリアすれば、ボリュームたっぷりな鶏肉料理を味わうことができます(記事後半にとっておきのレシピを紹介します!)。  また、「銘柄鶏は高い」という方でも、むね肉であれば手を出しやすいかもしれません。

鶏むね肉の魅力②低脂肪&低カロリーなヘルシー肉である

→ひき肉を選べばパサパサ感は気にならない!

鶏むね肉 むね肉は脂肪が少なく、低カロリーで高タンパク質な部位であるため、ヘルシー料理を作るのに大活躍してくれるお肉です。ダイエット中や肉体改造中の人に真っ先に提案される食材でもありますが、やっぱり“非ジューシーさ”が欠点ではありますよね。そこでオススメなのは、ひき肉を選ぶこと。むねのひき肉に少々の醤油と片栗粉を加えてお団子にするだけで旨みたっぷりの肉団子に。市販モノとは別次元の美味しさです。
次のページ 
③“抗疲労成分”がもも肉よりも豊富
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ