Lifestyle

家業がある長男と結婚したら、勝手に息子を“跡取り”として奪われかけた話

 夫婦が離婚する理由はさまざまあると思いますが、パートナーの家族が原因というケースも少なくありません。関西地方でシングルマザーとして小学生の息子を育てる永井優子さん(仮名・38歳)もその1人です。
優子さん

今回話を聞かせてくれた、永井優子さん(仮名・38歳)

夫が「家に入って子供の面倒を見る」と宣言

「前夫との結婚は実は2度目で、1度目の結婚は25歳のときでした。子供がなかなかできなかったのですが、夫が不妊治療に協力的ではなくて、どうしても子供が欲しかったので離婚を決意しました。  その2年後、2人目の夫と再婚して、不妊治療の末にようやく妊娠することができたんです。念願の末に生まれてきたのは男の子。夫もすごく喜んでくれましたね」  優子さんは当時から市役所の職員として働いていました。一方、夫は軽貨物の配送ドライバーとして働いていました。 「ドライバーといっても契約社員で、夫は将来的に実家の酒屋を継ぐつもりでした。ある日、『あと数年は自由にできるから、仕事は私に任せて、夫が家に入り子供の面倒を見る』と言い出したんです。私自身、仕事をやめたくなかったし夫がそう言ってくれるのであれば、それも良いかもと思いました。でも問題はその後で、なんと夫は自分の実家で息子を育てると言い出したんです。聞くと、夫の姉が子宮の病気で子供を作ることができないので、姉にも一緒に子育てをさせてあげたいと言うんです。ハッキリいって意味が分かりませんでしたね……」

義実家の生活に我慢の限界!ついに…

子育てに悩むお母さん 母親

※画像はイメージです(以下、同じ)

 初めは夫の提案を受け入れられなかったという優子さん。しかし、職場が義実家の近くに異動になったこともあり、家を購入するまでの間だけ夫の実家で暮らすことにしました。しかし、その生活は予想とはかけ離れたものでした。 「最初は実家の隣にある離れで暮らすと聞いていたんです。でも、いざ住んでみると日当たりも悪くフローリングもひび割れていて、とても子育てできる環境ではありませんでした。結局、母屋で義両親たちと一緒に暮らすことになったのですが、義母と義姉が子育てにいちいち口出ししてくるんですよね。  私は母乳の出があまり良くないほうだったので、ミルクを飲ませようとすると『赤ちゃんの体が弱くなる』と言われたり……。ただでさえ義実家で授乳するのが嫌なのに『母乳量が少ないのは仕事のしすぎじゃないの?』とアレコレ言われました」  そんな生活が数か月続き、ついに限界がきた優子さん。夫に義実家を出たいと直談判しました。 「これ以上、義実家で暮らすのは無理だと伝えたんです。すると夫からは『じゃあ、優子は自分の実家にでも帰ったら? 息子は俺と姉で育てるから』と信じられない回答が……。  夫の実家は関西でも祭りが有名な地域にあって、義父が祭りの組合に入っているんです。将来的には酒屋とともに夫が跡を継ぐのですが、そのためにも跡取りである息子は絶対に実家で育てたいと言うんです。このままでは義実家に息子を取られてしまう。それだけは絶対に避けたかったので、置き手紙を残して息子を連れて実家に帰ることにしたんです」
次のページ 
離婚後、夫からは連絡なし
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ