Entertainment

人気歌手の妻に第3子。妊娠5ケ月まで気づかず「病気だと思った」

 世界的な人気を誇る男性アイドルグループ『バックストリート・ボーイズ』のなかでも、特に女性ファンが多いといわれるニック・カーター。私生活では、妻ローレンと2人の子供をもうけ幸せな家庭生活を送る一方で、実弟との確執過去の性的暴行疑惑が取り沙汰されるなどトラブルも続いていた。けれどもそんなニックに最近、嬉しいサプライズがあったようで、妻ローレンと一緒に喜びの報告をしている。

「子供は2人まで」と思っていたら、まさかの第3子妊娠

ニック・カーターと妻ローレン

ニック・カーター(左)と妻ローレン(右)

 2014年に結婚し、現在4歳と1歳3カ月の子供を持つ2人。ただ第3子の妊娠は、予想外だったそうだ。  ローレンは米芸能誌『ピープル』にこう話す。 「子供は2人だけだと納得して、そういう方向で進めてた。だから驚きだったわ。妊娠5カ月半くらいになるまで、自分が妊娠していることさえ気づいていなかったの。何も症状がなかったし、妊娠の兆候もなかったから。でもある日、何かが体内で動いているような感じがして、『ニック、何かおかしいわ。お医者さんにいかないと。私どこか悪いんだと思う』って言ったの。私はこれ以上、妊娠できないはずだったから、妊娠してるとは思わなかったのよ」  そのため、ローレンは深刻な病気にかかっていると思っていたそうだ。 「私は腫瘍でもあるのかと思った。自分には病歴もあったし、子供は2人だけだろうと信じ込んでいたこともあって、妊娠しているなんて思いもよらなかった」 「ニックでさえ、妊娠が分かる2週間くらい前に、3子を持つなら代理出産かな……なんて話していたところだった」
 ところが、念のため検査薬を試してみたところ、結果はまさかの「陽性」判定。その後、医師から妊娠を告げられたそうだ。

これまで何度か流産を経験し、不安な思いも

 そんな嬉しいサプライズに見舞われ、感謝の気持ちで一杯だというニックはこう話す。 「2020年の全世界の状況を考えると、この子は神の恵みのような気がする。僕らは2人の子供たちをとても愛しているし、自分たちが良い親だと誇りを持っているからね」  2016年に長男、2019年には長女も誕生した夫妻だが、実は何度か流産を経験している。長女が生まれる前年の2018年には、妊娠3ヶ月でお腹の赤ちゃんを亡くしており、夫妻はそれぞれSNSで深い悲しみと苦しい胸の内を明かしていた。  そうした経験もあることから、今回新たな命を授かったことを喜びつつ、不安も抱いているようだ。インスタグラムに家族写真をアップしたニックは、「皆さんからの愛とサポートに感謝します」としたうえで、「ローレンにとってハイリスクな妊娠であるため、様々な感情が交錯しています。けれども、きっと神が守って下さると僕たちは信じています」と綴っている。
 コロナ禍の妊娠は大変なことも多々あると思われるが、どうか無事に出産を終えて、また明るいニュースを聞かせてほしい。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ