Entertainment

人気上昇中のイケメン俳優が再婚へ。プロポーズ写真がカッコよすぎる

 近年人気が急上昇しているスウェーデン出身のイケメン俳優、ジョエル・キナマンが婚約した。お相手は、エキゾチックな雰囲気が魅力の美人モデル、ケリー・ゲイル。現在41歳のジョエルは、過去にスウェーデン人タトゥーアーティストと結婚・離婚した経験があるため、今回が2度目の結婚となる。

プロポーズの様子をインスタグラムに投稿

 今週初め、ケリーを前にひざまずく写真をインスタグラムに投稿したジョエル。「ノーと言われたよ。冗談だけどね」とコメントを付け、プロポーズしたことを報告した。  一方のケリーも同じ写真をインスタグラムに投稿し、「最も美しい瞬間」とコメント。さらに、2人がキスしている写真に「永遠にあなたのものよ」とコメントを付け投稿。ジョエルからのプロポーズを受けたことをほのめかした。
 このおめでたいニュースが伝えられると、ジョエルがかつて交際していた女優オリヴィア・マンやケリーのモデル仲間など、数々の著名人からお祝いの声が寄せられた。  2019年に野外音楽イベントのコーチェラ・フェスティバルで一緒にいる姿を目撃されて以来、交際が噂されていた2人。ケリーは以前、ジョエルとの関係についてこんなふうに語っていた。 「私たちはお互いを愛し合っているし、一緒にたくさんの楽しみを分かち合っている。それに、正直で尊敬心を忘れずに、ただコミュニケーションを大切にしてるわ」

高い演技力と端正な顔立ちでハリウッドを席巻中

 近年ハリウッドで目覚ましい活躍を見せているジョエルは、スウェーデンのストックホルム出身。アメリカ人の父とスウェーデン人の母を持ち、二重国籍(スウェーデンとアメリカ)を保持している。女優である姉の影響もあり、1990年代にTVドラマで子役デビュー。いったん芸能活動から遠ざかったものの、2002年に俳優業を再開し、テレビや映画で活躍するように。2010年にスウェーデン映画『イージーマネー』での演技が高く評価され、注目を集めた。  その後、アメリカに進出し、人気TVシリーズに出演。端正な顔立ちと高い演技力で米国内でもファンを獲得し、『ドラゴン・タトゥーの女』『ロボコップ』『スーサイド・スクワッド』など話題のハリウッド作に相次いで出演、世界的にその名が知られるようになった。日本でも、注目すべき北欧出身の俳優として熱い視線が注がれている。
 190センチ近い長身と甘いマスクで女性人気も高く、恋愛遍歴も華やか。美人女優のオリヴィアとは、2012年から2年間ほど交際していたと伝えられているが、それ以前にも別の女優との恋の噂があったといわれている。2015年には、スウェーデン出身の美人タトゥーアーティストと結婚したが、2018年に離婚したと報じられている。

お相手はエキゾチックなモデル

 一方、お相手のケリーは、ジョエルより16歳年下の若手モデル。オーストラリア人の父、インド人の血を引く母のもと、スウェーデンで生まれ育った。母親はインドで生まれたが、その後養子としてスウェーデンで育てられたという。  父親の仕事の関係で、オーストラリアやガーナなどで海外生活を経験した国際派のケリー。12歳の時にカフェでスカウトされ、モデルの道に。H&Mの広告やシャネルのショー、『プレイボーイ』誌のグラビアなどで活躍し、2013年からはスーパーモデルの登竜門とされている「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーに出演。
 さらに2017年には、トップクラスのセクシーモデルたちが登場する雑誌『スポーツ・イラストレイテッド』の水着特集号で、注目の新人モデル「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」に選出。このタイトルは、セクシーモデルの登竜門とされるだけに、当時大きな注目を集めた。
 このように、すでに海外ではスターとして知られているが、日本ではまだそこまで知名度が高くないジョエルとケリー。けれども、ジョエルが出演する『スーサイド・スクワッド』の続編が今年公開される予定なので、北欧出身のイケメン俳優としてますます注目を集めることは必至。そうなれば、人気俳優の妻としてケリーの存在も知られることになるだろう。ブレーク目前の海外セレブとして今からチェックしておきたい。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ