Lifestyle

2月2日は節分、豆をまく時間帯はいつがいい?恵方巻は自由に食べてよし

 来る2月2日は節分です。いつもは2月3日が節分ですが、今年は1日はやい2月2日。これは124年ぶりのめずらしいことなんです。  そして、節分といえば豆まき! スーパーやコンビニに鬼のお面と大豆が並び、ここ数年はさらに「恵方巻」の予約チラシも置かれるようになりました。
2月2日は「節分」

写真はイメージです(以下同)

 でも、「節分って何?」「どうして豆をまくの?」と聞かれると、案外答えられないのでは?  そこで、日本の歴史にくわしい民俗学者の新谷尚紀先生に教えていただきました。これを読んでおけば、子供から急に質問されても困りませんよ。

「節分」は第二の大みそかだった

 それでは先生、早速ですが、そもそも節分って何ですか? 「節分は、季節の上では“大晦日”と同じような行事です」(コメントは新谷尚紀先生、以下同)  ええっと? それってどういうことですか。 「節分」は第二の大みそかだった「昔は、季節を知るために二十四節気(にじゅうしせっき)というカレンダーを使っていました。『立春』が新しい1年の始まりで、その前日の『節分』が旧年の最後の日なのです」  立春って、たまに目にしますね。あれはカレンダーのことだったんですね。その立春とカレンダーのお正月とはどう違うのでしょう? 「お正月は、月の満ち欠けで日にちを確認するカレンダーにおける1年の始まりです。昔は、そのカレンダーと、もうひとつ太陽のめぐりで季節を知るためのカレンダー(二十四節気)のふたつがあって、併用していたんです。だから、節分は大晦日と同じような意味があったんです」  へえー、昔の人って器用だったんですねぇ。ちなみに、2021年の節分は2月2日ですから、間違えないようにしてくださいね。

豆まきは大掃除と似たような役割

 じゃあ、節分に豆をまくのはどうしてですか? “鬼は~外 福は~内”っていうから鬼を追い払う気持ちがあるのは、なんとなくわかるんですけど。
豆まきは大掃除と似たような役割

民俗学者の新谷尚紀先生

「それは、新しい1年の始まりに当たって『厄払い』をして『良い運気を招く』ためです。お正月も立春も、自分をリセットする年に1度の大切なタイミングで、そのリセットのときに良い運気を入れることが大切だと考えられていました。厄払いをしないで汚いままだと、新年の神様も良い運気をもってきてくれません。だから豆をまくんです。宮中では、大晦日にも『追儺(ついな)』という行事で、鬼を追い払っていた記録があります」  新年の前に汚いものをやっつける。それって、年末の大掃除にもつながる考え方ですね。 「そうです。昔の日本人は1年に何度か決まった日に身を清めていたんです。生きていると少しずつ汚れや穢(けがれ)が溜まっていくと考えていた。例えるなら、毎日歯が汚れるから歯磨きをするような感覚でしょうか。日々汚れるからキレイにするのです」
次のページ 
なんで“豆“なの? 米でもいい?
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ