Lifestyle

姑にコキ使われてヘトヘト。夫に相談したら、ありえない一言が…

 姑=夫の母とのゴタゴタは、昔からある話。それでも夫が間に入ってくれれば、姑からいびられてもまだ我慢のしようがありますが、困るのは守ってくれない場合です。  なかには姑をかばう夫もいるほど。その結果、夫に嫌気がさす妻も少なくないようです。
義母、姑、息子、マザコン

写真はイメージです(以下同じ)

嫁いびりする姑を「悪気はない」と言う夫

「彼はマザコンとは少し違って、母親にベッタリというわけではなかったんです。ただ、お義母さんとの関係で悩んで相談しても、特に何もしてくれません。  上手くいかないから相談しているのですが、なんとかしてほしいと頼んでも、口癖のように『母さんも悪気はないんだ』って。お前の目は節穴(ふしあな)か!って言ってやりたいですよ」  自分の味方を一切してくれない夫のことをうんざりした様子で話すのは、保険会社に勤める赤名瀬里香さん(仮名・34歳)。自宅は義実家から車で1時間半ほどの距離で、2か月に一度は訪ねていたとか。 「息子は姑にとって初孫なので会わせないと文句を言われそうだし、帰省する夫に仕方なく付き合っていただけです。  けど、彼にとって実家は落ち着く場所かもしれませんが、私にとっては、一瞬だって気の安らぐ時間はありません。こっちから『何か手伝うことはありませんか?』と聞いて動かないと、『お客様身分でいい気なものよね』とか言われてしまいますから」  義実家では業者から派遣された家政婦のように忙しく働いていましたが、姑は彼女の仕事ぶりを細かくチェック。  冷蔵庫周りや窓のサッシに付いていたわずかな汚れを見つけては、「こんな手抜き仕事をして」と毎回のように嫌味を連発。お礼の言葉なんて一度も聞いたことがないといいます。

相談した夫から「お前が神経質すぎる!」と

「お義母さんは彼の前では嫌味を言わないようにしていますが、私が義実家でゆっくり休むことなく忙しそうに働いている姿は、夫だって知ってるはずです。でも、お義父さんと一緒で完全に空気状態。お義母さんをたしなめてくれるようなことは、一度もなかったです」  それでも約2か月に一度のことだからと割り切って我慢していた瀬里香さん。ところが、朝から体調が悪かったときがあり、その日は義母に休ませてほしいと話したところ、仮病を疑うような態度で一蹴されてしまったそう。  その件もあって後日、姑の自分に対する態度について夫に相談しました。ところが、明らかにイラついた様子で「お前が神経質すぎる!」と言われてしまったのです。 自分をいびる姑をかばう夫
次のページ 
このままでは離婚も……
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ