Love

「デートがイオンモールなんて…」職業で彼氏を足切りする30代女性の失敗

 こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。  初めて出会う男性のことを知るのに「どんな仕事をしているか」は気になる要素のひとつですが、職業だけで「どんな人か」まで決めつけてしまうと、時には痛い目を見ることも。今回は、男性の職業に対して“激しめの先入観”を持っていた女性のお話です。
ワンピースの女性

美紀さん(仮名)は、表現豊かでコミュニケーション力の高い女性(写真はイメージです、以下同)

30代で「銀行員、公務員、経営者」の3人と付き合った

 美紀さんは大阪にある編集プロダクションで働いている女性です。そして、37歳までずっと実家暮らし。私は美紀さんとオンラインで話しただけですが、表現豊かでコミュニケーション力の高い女性だと思いました。 「仕事は楽しいんだけど、忙しいし、給料はいうとびっくりされるぐらい少ないです」と、実家暮らしの理由を説明してくれました。  美紀さんは「出会いがないわけではない」といいます。30代では3人の男性と交際してきたそうです。 「一人目は前の会社の同僚の友達で20代のころから付き合っていた銀行員の男性です。穏やかで真面目な人って思っていたのですが、怒ると壁をグーで殴ったりすることがあって怖かったです。初めは私に手を上げたわけじゃないからって思って付き合ってたんですが、やっぱり無理だと思って31歳の時に別れました。  その後、30代では自然な出会いが少なくなるかもと思って婚活パーティーに参加したんです」  美紀さんの次の彼氏は34歳の公務員。ところが、付き合ってしばらくして「選挙があって忙しい」と言われて会えなくなります。そのまま彼からの連絡が途絶えてしまい、1年しないうちに自然消滅したそう。

デートは素敵だったけど、他にも彼女がいたかもしれない

 3人めは33歳のころに参加した婚活パーティーで出会った、49歳で離婚歴がある建設関係の会社経営者。年齢差は気になったけれど話し上手で、デートでは素敵なお店やクルージングに連れて行ってくれたそうです。 デート 彼の会社の本社は北陸にありましたが、たびたび仕事で大阪に来て大阪にもマンションを借りていたといいます。関西在住の美紀さんとは出張の時に会っていましたが、地元にある彼の家に連れて行ってくれることはありませんでした。 「本当にそれは彼氏なの?」 「そうなんですよ。彼は口がうまくて、言いくるめられちゃうんです。独身だとは思うんですけど、地元にも彼女がいたのかもしれない。一緒にいると楽しいんですけどね」  彼に直接確認はしなかったのでしょうか。 「自分でも反省しているんですが、彼と付き合う前のデートで『どれぐらい付き合ってから結婚したいの』と聞かれて『2年ぐらい付き合ったら』って言っちゃって。それで、2年待ったら結婚するかもしれないのに今確認してぶち壊したらいけないと思って、何も聞けなかったんです。結局、2年少し付き合って別れました」
次のページ 
「イオンモールでデートなんて普通ないですよね」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ