Entertainment

人気女優&歌手、念願のママに。モラハラ夫から逃れて幸せつかむ

 日本でも人気の米ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』でおなじみのマンディ・ムーアが、第1子を出産した。1度目の結婚では、元夫からモラハラを受け、苦しい日々を送っていたマンディ。けれども現在は、2018年に再婚した夫テイラー・ゴールドスミスと幸せな日々を送り、婦人科系の病気も乗り越えて念願のママになった。

妊娠までの道のりは決して楽ではなかった

 現地時間23日、インスタグラムを更新したマンディは、夫テイラーとの長男が誕生したことを発表。生まれたての赤ちゃんの写真とともに、わが子に「ガス」ことオーガスト君と名付けたことも明かした。 「ガスが生まれました。私たちの愛しい子、オーガスト・ハリソン・ゴールドスミスです。この子は時間をしっかり守って、予定日にきっちり生まれてきました。親である私たちにとって、ありがたいことにね。この子を愛するための心の準備はしてきたつもりでしたが、実際にはそんな私たちの想像もはるかに超えています」  そんなマンディは以前、子供を望んでいたものの、妊娠までの道のりは決して楽ではなかったと告白。不妊治療を始めようとした際に子宮内膜症と診断され、子供を生むために手術もやむを得ないと思っていたと明かしていた。
マンディ・ムーア

マンディ・ムーア(C)Featureflash

「手術を受ける準備はできていた。それによって子宮を治し、できれば子宮内膜症も治せればと思っていた。今後の計画が立てられたし、『妊娠できない理由』も分かってよかった」  ただ、専門医からは「子宮の状態を考えると、妊娠の可能性はあまり高くない」と厳しい見通しも示されたそう。それでも新しい命を授かることができたが、妊娠した当初はなかなか信じることができず、12週過ぎるくらいまでは固唾をのんで見守っていたという。

1度目の結婚では、モラハラ夫に支配される日々を送った

 婦人科系の病とも向き合いながら、念願の子供を授かったマンディ。妊娠後にはひどいつわりも経験したようだが、コロナ禍により自宅でゆっくりできたことは幸運だったと語る。 「みんな女性たちがどうやってるのか分からないわ。目覚めてから一日中、気持ち悪いんだもの。食べることも出来なくて、かなり体重が落ちた」 「一日中、ベッドで横になってた。でも、みんながそうできるわけじゃないと分かってる。妊娠期間中は、ひたすら我慢しなくてはいけない場合もあるってね」  マタニティ生活では我慢することも多かったというマンディ。実は、1度目の結婚でもかなりの忍耐を強いられたといわれている。  米北東部のニューハンプシャー州で生まれたマンディは、10代前半でその才能が見いだされ歌手デビュー。後に、番組司会者や女優、ファッションモデルなど多方面で活躍するように。2009年には、ロックミュージシャンのライアン・アダムスと結婚した。  しかしライアンと結婚して以降、思うように音楽活動ができなくなったのだという。というのも、ライアンが「君は楽器を弾かないから本物のミュージシャンじゃない」などと言ってマンディの能力を否定し続けたうえ、自分以外の業界関係者との接触を禁じて、妻の音楽活動を妨害したという。  ライアンの問題行動はこれだけにとどまらず、2019年には7人の女性が過去に受けたハラスメントを米紙「ニューヨークタイムズ」で告発。ライアンが未成年の女性とオンライン上で性行為をした疑いや、歌手志望の女性に活動の手助けを申し出て近づき、関係を迫った上、断られたときには報復するといった性的嫌がらせや精神的な虐待を繰り返していたとされている。  他の女性たちとともに元夫を告発したマンディは、「彼は音楽を使って女性たちを支配し続けた」と糾弾した。  告発を受けたライアンは、2020年7月、公式に謝罪文を発表。「より良い人間になるため、シラフになる努力をしてきましたが、今回はプロの助けを借りています。シラフになることが、僕の人生における優先事項です」と綴り、被害者に謝罪するとともに、治療を受けて更生していく考えを示した。元夫の謝罪についてマンディは、「なぜ個人的にちゃんと謝ろうとしないのか」と不満を露わにしている。

現在の夫とはインスタで出会った

 ライアンからのハラスメントに耐え続け、一時は精神的に病んだこともあったというマンディ。2016年に離婚は成立したものの、しばらくは落ち込む日々が続いたという。そんなときに心の支えとなったのが、現在の夫テイラーだった。
 ミュージシャンであるテイラーとは、音楽活動についてインスタグラムでやり取りをしたことがきっかけで、連絡を取り合うようになったという。そこから徐々に距離を縮め、約1年交際した後、2017年に婚約。2018年に挙式した。  以前はネットでの出会いなど期待していなかったというマンディは、テイラーとこのような形で出会い、恋に落ちたことは「現代版ラブストーリーね」と話している。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ