鎌倉市役所の人と 『続・最後から二番目の恋』ロケ地めぐりしてみた【vol.2】

 2012年の連続ドラマ、スペシャルドラマを経て現在、フジテレビ系で放送中の『続・最後から二番目の恋』がいよいよ26日、最終回を迎える。

 テレビ局のドラマプロデューサー役、小泉今日子演じる吉野千明と、鎌倉市役所観光推進課課長役、中井貴一演じる長倉和平のコミカルが掛け合い、ドラマの舞台・鎌倉の情緒的な風景が、アラサー、アラフィフ男女を中心にウケている模様。

 そこで、最終回ギリギリ滑り込みのタイミングではありますが……

 アラフォー独身、鎌倉育ち、観光課ではないもののリアル鎌倉市役所職員というAさんにお願いし、ロケ地を案内してもらった。

⇒【vol.1】はコチラ

 江ノ電・極楽寺駅から続く緩やかな坂道を下ると、文字通り、住所は「坂の下」。

 過去に千明を振った、ポストイットの男・涼太(加瀬亮)がこの前を通るシーンなどで登場した「力餅家」。300年の歴史ある老舗だそう。

 名物の「力餅」は「本日、売り切れ」の張り紙。

力餅家

力餅家

 どんなお餅?

A氏「わかりやすく言えば、赤福みたいな感じで。うまいですよ」とのこと。

 なるほど、餡で餅を包んだタイプとのイメージは伝わる。

 力餅家を左に曲がると、踏切越しに御霊神社の鳥居が見える。

 ここにも、キョンキョンや内田有紀(和平の妹、万理子役)気分で撮影する人々でにぎわっている。

 その手前には、長倉家と千明が一人暮らしする古民家の入り口。

 一般の住宅なので中には入れません。

鎌倉市役所職員 千明が暮らす設定の古民家入口にて。案内してくれたリアル鎌倉市役所職員A氏

 決して中井貴一似ではないものの、そう悪くない感じのA氏。

 ここ数年、学生の就職希望先上位をキープする「公務員」、まして全国の自治体職員収入ランキングでも常に上位の鎌倉市とくれば、そこそこモテそうな気もするが……

――あの、余計なお世話ですが……どうして独身なんですかね?

A氏「特に理由はないですよ。あなただって、独身ですよよね、何か理由ありますか?」

 いえ……余計なお世話でした。

――で、役所の仕事ってどんななんですかね、楽しいですか?

A氏「ええ、まあまあですね。ただ、市議会と会計監査の時期は、一般業務を止めてかかりきりになるので心穏やかではないですね……市民に迷惑がかかりますしね」

 なんとも正しいお答えだ。

――ちなみに、夏休みとかどうされるんですか?

A氏「夏は草津温泉かな。涼しくてなかなかいいですよ」

 草津、ですか……。

――そういうのって、もっとこう、年とってからとかでよかったりしません? モルディブ!とかハワイ!とか、そういう選択肢はないんですかね?

A氏「ないですね。もう十分、歳とってるじゃないですか」

 マジですか。あの……歳、そんなに変わらないんですが……。

――なんか、あれですよね、まじめっていうか、堅実っていうか……夢とかなんか、ないんですかね、こう大きな……

 と引き続き、“千明風”に聞いてみる。

A氏「夢とか希望ですか、特にないですね。いつかの何かに備えておくためにとりあえず現状維持することで精いっぱいって感じですかね」

 おお、なんだか、リアル和平!

⇒【vol.3】に続く

※扶桑社よりノベライズ本が6月28日発売! 『続・最後から二番目の恋』 定価1404円(本体1300円)

続・最後から二番目の恋

高視聴率を獲得し、同世代の女性たちから圧倒的な支持を得る“大人の青春ドラマ"待望の続編を完全ノベライズ。




あなたにおすすめ