Love

「普通にモテるのに結婚できない」32歳女性の嘆き。“いい人”探しが失敗のもと

 こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。  30歳にもなれば将来のことを考えるようになり、ただ好きというだけでは付き合っていけなくなってきますよね。30歳だった優美さん(仮名)は、付き合っていた彼氏と見ている未来が違うことに気が付きました。何度も何度も話し合い、仕方なく別れるという決断をしたのでした。それが、31歳になる直前のこと。
後ろ姿の女性

写真はイメージです(以下同じ)

「次は結婚につながる恋をしよう。じゃ、婚活してみようかな」と思ったという優美さん。  恵まれたことに、優美さんは大学時代に同級生の彼氏がいて、社会人になって職場で彼氏ができ、前述の元カレも友達からの紹介で意識をして恋人探しをしたことがなかったそうです。

「結婚相談所に入ったらすぐ結婚できる」を信じたのに

 婚活って何をすればいいのかな? 最近結婚した先輩に聞いてみたところ「優美ちゃんならモテるしキレイだしコミュ力あるし、結婚相談所に入ったら? そういう人少ないからすぐ結婚できるよ。私も結婚相談所で旦那と知り合ったの」と相談所を勧められたのです。  先輩から紹介された結婚相談所の仲人からも 「あら~かわいらしいお嬢さん! すごく人気でると思うわ! どんな人に出会いたいの?」 「う~ん。ちゃんと働いてて結婚願望があって、できたら子どもも望んでいる同年代なら誰でもいいです」 「まぁ! 謙虚ね。すぐにうちを卒業していきそう」  こうして優美さんの婚活はスタートしたのですが、32歳になっても独身のままでした。

たくさん出会えば結婚できる? それが迷走の始まり

「1年も婚活しているのに結婚できないって、私に問題があると思うんです」  優美さんはそう話し、相談にやってきました。  結婚相談所に登録してから、20代~40代の男性が100人以上申し込んできたそうです。アラフィフ以上の男性からも申込があったそうですが、それは結婚相談所の仲人の側ですべて断っていたとか。  その中で、会ってみたいなと思った20~30人とお見合い。10人も幅があるのは正確な人数は覚えていないからだとか。その中には東大卒の国家公務員、弁護士、公認会計士、大手企業勤務、年下男性、イケメンと様々な男性がいたそうです。
次のページ 
会いたいと思っても向こうから断られる
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ