Lifestyle

がんは「手術に成功したら勝ち」じゃない。がん患者の長い“その後”

 コミックエッセイ『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』(KADOKAWA)の原作者、藍原育子さんへのインタビュー。前回は心の内を誰にも話せず、追い込まれていった藍原さんの経験から、言葉にすることの大切さを聞きました。最終回となる今回は、がん患者の長い闘病後について。この「闘病後記」に込めた思いも語ってもらいました。
『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』

『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』(原作:藍原育子、漫画:内野こめこ/KADOKAWA)

「がんに勝った」とは思えない

――摘出手術から約2年、精神腫瘍科を受診して気持ちも回復していきます。しかし、それでも、がんに対しては「引き分け」という表現をしていますね。 藍原:以前の私だったら、がんの手術は成功、再発もないとなったら、勝ちだと思ったかもしれません。著名人の中には「がんに勝った」と発信されている方もいらっしゃって、それを否定するつもりはありませんし、人それぞれだと思いますが……今の私はやっぱり、勝ったとは思えないですね。
がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?

『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』©Komeko Uchino & Ikuko Aihara/KADOKAWA

――一般的には手術の成功=勝ち、なんでしょうね。 藍原:がんに負けちゃダメ、病気に勝って! 勝たなくちゃ! みたいな空気に追い込まれてしまう患者もいるんじゃないでしょうか。  でも、がんの告知から手術って、イメージとしては、訳のわからないうちにプロレスや格闘技のリングに上げられ、なんだかわからないうちに戦いが始まって、ただただ必死で手足をぶん回しているうちに、「はい、終わり」って感じなんですね。 ――何と戦っているかもわからない。 藍原:そのぐらい混乱して取り乱したまま、終わった感じなので、「引き分け」としか言いようがないんです。勝ちとも思えないし、だからといって負けとも違う。やっぱり、勝ちも負けもない、って思うんです。

それぞれの患者に、長い「その後」がある

――「負け」の定義もよくわかりませんしね。 藍原:メディアの報道も、いまだに「がんに勝った○○さん!」みたいな感じですよね。ドラマや映画でも、とてもステレオタイプにがんの闘病が描かれます。そのことには一患者として違和感があって、「勝った!」と一方的に言い切られて、気持ちがスッキリする患者はどれだけいるのかなって。その後もずっと患者であることは続きますから
がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?

『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』(KADOKAWA)

がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?

『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』(KADOKAWA)

――そもそも、がんは完治するものではなく、治療で目指すのは寛解(かんかい)――症状がなく、検査異常がない状態ですし、それを術後、何年も維持し続けなくてはなりません。 藍原:仮に勝ち負けがあったとしても、長い「その後」がそれぞれの患者にあるんです。でも、ドラマなどだと手術がクライマックスで、手術後、退院後が語られることはほとんどない。体験して、その先への想像力に欠けているんじゃないかって思いました。がん患者であることは続くし、その後もいろいろある。そこにも思いを馳せてほしい。私がこの本を「闘病後記」としたのも、そこなんです。 ――本のカバーには、医療用チューブをつけた患者姿と並んで、家事や育児、仕事をする藍原さんが描かれています。とても、象徴的だと思いました。 藍原:「がん患者」というのは私の一部で、でも、私のすべてが「がん患者」というわけではありませんし、「がん患者」であることだけに集中していられる人は少ないと思うんです。ステージが進んでないからそんなことが言えると指摘する人がいるかもしれませんが、多くの人が治療をしながら、仕事をし、家事や子育てをし、日々生活をしている。もう少し、メディアでの描かれ方や、周囲の理解も現実に沿ったものに変わっていってもいいんじゃないかと思います。
次のページ 
「もう今日は何もしません」と言えるようになった
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ