Entertainment
Lifestyle

30すぎて発達障害とわかった私が、治療で“ましになった”話/漫画家・カレー沢薫

『負ける技術』などのコラムや、30代からの終活を描く漫画『ひとりでしにたい』が文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞した、人気の漫画家・コラムニストのカレー沢薫さん。  新しく上梓したコミックエッセイ『なおりはしないが、ましになる』では、自身の発達障害を描いて話題です。
カレー沢薫「なおりはしないが、ましになる 第1集」(ビッグコミックススペシャル)小学館

カレー沢薫「なおりはしないが、ましになる 第1集」(ビッグコミックススペシャル)小学館

 片付けが苦手、一つのことしかできない、相手の顔を覚えられない、空気が読めないなど、様々な「発達障害」にまつわる悩みや、検査、通院、薬、グループミーティングへの参加などが、ポップかつシュールな笑いに包まれて語られています。  また、マンガの医療監修を担当した東京リワーク研究所の五十嵐良雄医師の「発達障害」についてのコラムも掲載され、より詳しく知ることができます。  カレー沢薫さんに、自作を解説してもらいました。 (以下、カレー沢薫さんの寄稿です。) なおりはしないが_01_001なおりはしないが_01_002なおりはしないが_01_003なおりはしないが_01_004
次のページ 
カレー沢氏の10時間はどこに消えた?
1
2
3
4
5
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ