Entertainment

不評の『ラヴィット!』は第2の『はなまる』になれるか。朝の情報番組戦争

 4月からの番組改編で、多くの局の朝の顔が変わりました。フジテレビ系列では『めざまし8』が新しく始まり、TBS系列は生活情報バラエティ『ラヴィット!』が開始。NHK『あさイチ』は鈴木奈穂子アナウンサーが、日本テレビ系列『スッキリ』は岩田絵里奈アナウンサーがそれぞれ加入と、独自のリニューアルが行われています。  始まったばかりではありますが、視聴者の反応も様々なものがあるようです。勝ち抜けるのはどれ?

安定感で好評の『めざまし8』と『あさイチ』

『とくダネ!』から代わってフジテレビ系列でスタートしたのは『めざまし8』。好感度抜群の永島優美アナウンサーと、俳優活動のみならず『パネルクイズアタック25』(ABC系)などの司会を務める、非の打ち所がない紳士的なイメージの谷原章介さんが司会です。
(画像:フジテレビ「めざまし8」公式サイトより)

(画像:フジテレビ「めざまし8」公式サイトより)

 古市憲寿さんやカズレーザーさん、気象予報士の天達武史さんなどが続投し、『とくダネ!』の色は残しつつ、後半のエンタメやカルチャーコーナーなどは『めざましテレビ』のテイストも感じさせる安心感のある構成は視聴者からもおおむね好評。『めざまし』の冠はありつつも、上品でさわやかになった『とくダネ!』という印象です。  そしてNHK『あさイチ』は、「近江ちゃん」として視聴者に親しまれた近江友里恵さんから、育休明けで約2年ぶりに仕事復帰した鈴木奈穂子アナウンサーに司会が交代。鈴木アナはNHKのニュースを主に担当していたこともあり、発表当初は柔らかな朝の情報番組の顔にマッチするのか不安視されていました。
(画像:NHK「あさイチ」公式サイトより)

(画像:NHK「あさイチ」公式サイトより)

 しかし、放送がスタートすると料理が苦手で面倒くさがりな部分を垣間見せたり、今までのバリキャリ的なイメージのギャップに親近感がわいたという視聴者も多かったようです。  あさイチの歴代女性MCにはいなかった現役子育て中のママという、主婦がメインの視聴者層に近い鈴木アナウンサー。安定感もあり好評の意見が多くみられました。

硬派に路線変更?印象が変わった『スッキリ』

 一方、近藤春奈さん、水卜麻美アナウンサーが抜け、岩田絵里奈、森圭介アナウンサーが加入した日本テレビ系列の『スッキリ』。メンバーの交代以降、政治や新型コロナ関連ニュースなどのシリアスな話題が多いせいか、加藤浩次さんの鋭さや厳しさだけが目立っている印象です。
(画像:日本テレビ「スッキリ」公式サイトより)

(画像:日本テレビ「スッキリ」公式サイトより)

 情報を伝えたりニュースのコメントをするのも森アナが中心で、ある日は岩田アナの姿や声がほとんど見られない日もありました。  明るい番組の印象から、硬派に路線変更したようにも見え、どこか柔らかな印象の二人が抜けた穴の大きさを感じさせられています。岩田アナがこれからどう成長し、番組の中に絡んでいくかで、これから印象もまた変わっていくのではないでしょうか。
次のページ 
『ラヴィット!』は『はなまるマーケット』になれる?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ