Lifestyle

「失礼すぎます!」下階の住人に大激怒されたマンショントラブル

 マンションやアパートに住む方なら、同じ建物の住人とのトラブルはできれば避けたいものです。しかし予期せぬトラブルというのは起きてしまうもので…そんなトラブルで近隣の住人と気まずい関係になってしまった男性がいました。

母親が亡くなり片付けに没頭

悲しみ紛らわすため片付けに没頭

写真はイメージです、以下同

 大手食品会社の経理で働く健斗さん(38歳・独身)は都内の湾岸エリアにあるタワーマンションに、数年前から病気療養中の母親と2人で住んでいました。 「仕事ばかりしていて趣味もなく貯金ばかりが増えていくので、せめて母には少しでも快適な生活をしてほしいと思ってタワーマンションを選びました。母も眺めの良さを気に入ってくれて、少しは親孝行ができたのかなと勝手に思っていました」  しかし、不幸は突然訪れます。安定していたように見えていた母親の病状が急に悪化し、帰らぬ人となってしまったのです。 「突然のことで悲しむ暇もないほどでした。身内だけの葬儀を終えるとどっと疲れと悲しみが襲ってきて、それを紛らわせるために後片付けなどに没頭していました。その日は気分をスッキリさせようと思い家の中にある洋服を全部洗濯していたんです」

洗濯機が故障してフローリングが水浸しに

洗濯機が故障してフローリングが水浸し すでに数回洗濯機を回して疲れていた健斗さんは、最後の洗濯物を洗い始めたときにベランダに出てタバコを一服しながらボーッと過ごしていました。しばらくそうしていると、何かの気配を感じてふとリビングに目を向けると… 「フローリングがなぜか水浸しになっていたんです。慌てて部屋の中に戻ると、洗濯機が故障したようで水漏れしてました。気づくまで結構時間が経っていたようで、床にシミができていたんです。これはマズイと思い慌てて水の処理をして管理会社に連絡した後、階下の方に謝罪に向かったんです」  冷静な行動をしているようでこの時かなりパニック状態だったという健斗さん、謝罪に向かう際、ふと玄関に置いてあった菓子折りをよく考えもせずに手に取り持っていったのだそう。 「幸い階下の天井に若干のシミができる程度だったので、それは保険で対応できて大事にならずにすんだんです。階下の女性も一瞬迷惑そうではありましたが激怒することもなく許してくれました。でも本当に大変だったのはここからで…」
次のページ 
「失礼すぎます!」階下の女性が激怒したワケ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ