Gourmet

カルディで270円のイタリア菓子「マリトッツォ」って?“タピオカ級”ブームの予感

 久しぶりの大ブーム菓子。 623-1 2021年に入って人気が急上昇している“黒船スイーツ”があります。それは、「マリトッツォ」。タピオカ以降、ホームラン級の登場はありませんでしたが、マリトッツォはパン屋や西洋菓子店を中心に、至るところで見かけるようになっています。  このスイーツは、イタリアのローマ地方のローカルフードなんだとか。なぜここまでのヒットになったのか、気になった私は、その理由を考えてみました。  そこで今回は、まだ知らない人も安心! 「マリトッツォの基本知識と魅力」について紹介したいと思います。

マリトッツォとは、イタリア発祥の素朴なスイーツ

623-4

カルディでも人気!冷凍タイプのマリトッツォ(税込270円)

 マリトッツォ(Maritozzo)とは、イタリア・ローマ地方にあるラツィオ州発祥のスイーツ。もともとはかなりのローカル菓子で、地元のバール(カフェ)などで、朝の軽食として愛されています。日本に本格上陸したのは、昨年あたりからで、ヒットに大きな影響を与えたのは、イータリー原宿(2020年6月オープン時に看板メニューとして登場)だと推測されます。
623-2

スタバが手がけるイタリアンベーカリー「プリンチ」のマリトッツォ(税込410~453円)

 そもそもどんなものかというと、イタリア政府観光局のサイトによれば、「レーズン入りの菓子パンの生クリーム挟み」と説明されています。他に調べていくと、レーズンが入っていないブリオッシュ生地に生クリームをたっぷり挟んだタイプが多く目立ちます。イメージとしては、口溶けの良いパンに生クリームがたっぷり挟まったまんまるコッペパンのような感じです。

コロナ禍で、ボリュームたっぷりスイーツが流行!?

623-3

街のパン屋さんでもよく見かけるようになっている

 ずばり、マリトッツォの大ヒットの理由は、まんまるなビジュアルと、生クリームのボリューム感にあると推測されます。  コロナ禍という未曾有の困難が続くなかで、ヒトは少しでも心が癒やされることを求めています。丸い形は、心理効果としてあたたかみや優しさ、やわらかさを与えると言われていますし、ボリューム感は視覚的なアプローチからも満足度を高めてくれるでしょう。  最近流行ったバスク風チーズケーキや台湾カステラも、このようなポイントをところどころおさえていますよね。  そして理由の2つ目は、名前の由来によるものと考えられます。
次のページ 
マリトッツォはプロポーズに使われる“ロマンス菓子”!?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ