Entertainment

「料理できなくて何が悪い!」人気漫画家がワンオペ家事をやめるまでの長い葛藤

 料理ドヘタな崖っぷちアラサーが、生活の中で必要に迫られ料理に挑むマンガ『すみれ先生は料理したくない』が今かなりおもしろい! 料理嫌いなすべての人たちに読んでほしい、共感度100%の新感覚クッキングコメディマンガです。 共感度100%の新感覚クッキングコメディマンガ 作者はドラマ化もされた『人は見た目が100パーセント』や『節約ロック』などの人気マンガ家・大久保ヒロミ先生。本作はスマホ向けコミックサイト『マンガよもんが』で連載中です。 【第1話はこちら】⇒<漫画>「いもの皮もむけない!」料理嫌いアラサーの本音に共感しかない

簡単レシピは全然簡単じゃない

 主人公の白雪すみれは、溢れ出る品格とその美貌に誰もが憧れるピアノ教師。けれど実生活は常に金欠ギリッギリ、彼氏もいない独身アラサー街道まっしぐら。  そして破滅的に料理ができないすみれ先生の前に、毎話“料理”という名の壁が立ちふさがり、いつも全力でカラ回り。すみれ先生の魂の叫びが歌となって綴られますが、これがもう料理嫌いには共感しかない! 料理嫌いにとっての簡単レシピって全然簡単じゃないんですよね。 簡単レシピは全然簡単じゃない! “料理あるあると、いや、ねえだろ”の絶妙な境目を綴るこの作品、実は作者である大久保ヒロミ先生の実体験から生まれたそうなのです。

大人になれば、結婚すれば自然にできると思ってた

――この作品はどのような発想で生まれたのでしょうか。 大久保ヒロミ先生(以下、大久保)「友達と『流行っているしグルメ漫画でも描こうかな』という話をしてたんです。だけど『グルメはいいけど、料理は好きなのか?』っていう話になって、『好きじゃないわ』と。それならいっそ、料理をしないグルメマンガにしようとなったんです」 大人になれば、結婚すれば自然にできると思ってた――すみれ先生のモデルは、ご自身なのですか? 大久保「ある部分ではそうです。結婚して20年になるんですけど、ずっと昭和脳だったから『自分が家事を全部やらなきゃいけない』という気持ちがガチガチにあったんです。10年以上、ワンオペ育児をやっていて、もちろん料理も家事も全部。料理や家事って『難しいことだ』って誰も教えてくれないじゃないですか。大人になれば、結婚すれば自然にできるとか言われていたし、そう思っていたんです。  でも常にすごいストレスを感じているわけですよ。そのストレスがなんなのか気づかないまま、忙しさに追われて時が流れちゃったんですよね。みんなもこの程度のストレスを抱えながら頑張っているはずで、それができない自分がすごいダメ人間ってことになると思い、直視したくなかったんだと思う。  でもママ友や主婦の方と話していると、同じようにストレスを抱えている人もいるけど、私ほどではない人もいる。そこで、もともとの能力に差があるのかな?って思ったんです」
次のページ 
下ごしらえって全然楽しくない
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ