Love

元ギャルを隠して付き合ったら…“社会人デビュー”な彼がマウントしてきてウザい

 女性の中には、好きな人に過去の男性関係はなるべく知られたくないと思う人も多いはず。自分の過去をあえて話さずに恋人とつきあったことがある……という人もいるかと思いますが、それが原因で恋人との関係性がおかしくなってしまうことも、時にはあるようです。
カップル

※イメージです(以下、同じ)

 今回は「遊んでいた過去を隠して恋人とつきあったら、彼氏にマウントされた……」という女性の話を聞いてみました。都内に住む玉井友理さん(仮名・31歳)は、2年前に始めた婚活で、のちに恋人となるタクヤさん(仮名・31歳)と出会います。

チャラそうだけど熱心にアタックされ…

「タクヤと出会ったのはマッチングアプリだったのですが、最初の印象はチャラそうという感じでしたね。まず、プロフィールの写真がシャンパンだったり、ブランド物の腕時計を着けていて、いかにも成金って感じでした(笑)。それでも会ってみることになったのは、やたら熱心にメッセージを送ってきてくれたからです。写真はチャラいけど、見た目だけで判断するのもな〜と思って」  実際に会ってみると、見た目やノリはチャライものの、少し違う印象を抱いたといいます。 「第一印象は『この人学生のときは“キョロ充”だったんだろうな』というのが率直な感想でした。学生のときにいたじゃないですか。入学とともにデビューしちゃった系で、常にキョロキョロしていてイケてるグループに頑張って入ってこようとしている人。タクヤの言動はモロにそんな感じで、話しているとアラサーにもなってクラブとかオールとか言っていて『この人、社会人デビューだな』というのがすぐに分かりましたね(笑)。  それでもつきあうことになったのは、真面目に『つきあってください』と告白されたから。それに社会人デビューでも、私的にはチャラ男もいいかなと思ったんです」

「クラブ来たことないでしょ」マウントがウザい

高校時代の友理さん

高校時代の友理さん(左)。このときからすでにクラブで遊んでいたようです

 実は友理さん、小学生のときにギャルファッションに目覚めて以来、常にスクールカーストの上位にいたのだそう。もちろん交友関係も派手で、これまでチャラ男としかつきあったことがなかったので、タクヤさんが余計新鮮に見えました。 「なので、タクヤに私の過去を聞かれたときについ嘘をついてしまったんです。今までつきあった人数を5人と言ったけど、本当はその数十倍……。さらに経験人数はもっと多い……。でも、過去の黒歴史なんてわざわざ言う必要ないと思ったので、あえて過去を隠していたんです。でも、ムカついたのは付き合うようになってから。なんとタクヤは私の過去が真面目だったという嘘を真に受けて、私にマウントをしてくるようになったんです……」  友理さんを見ていると、いくらゴマかしても遊んできた片鱗が見え隠れするのですが、タクヤさんはまったく気づかなかったそうです。それどころかマウントをとってきたと。 「たとえば、一緒に旅行したときに夜にクラブに行ったのですが、流れていた音楽が古くて私が大学のときにクラブでよく流れていた曲だったんです。それを聞いて『懐かしい~』と思わず言うと『友理はクラブとか来たことないでしょ(笑)』とバカにされました。あと、彼がトイレに行っている間に男の人にナンパされたんです。それをタクヤに言うと『ハイハイ、今までナンパされたことなかったんだね(笑)』と、いちいちトゲのある言い方をしてくるんですよ」
次のページ 
彼の実家に行ったときも…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ