Lifestyle

54円のカレー、78円の食パン…スーパーのPB商品は100均よりおトク!

<女性が一生、お金に困らないためのレッスン vol.5/経済評論家・佐藤治彦>  今月もまもなく月末。家計簿を見ながらため息を付いている方もいるのではないでしょうか? 「毎日の家計、特に食費や洗剤など日用品をあと5%抑えたいわ」。  今回はそんなあなたのための買い物の話です。
PB商品

佐藤氏が愛用するPB商品たち

同じ大手メーカーなのに、お得すぎるPB商品

 さて、ここに2種類のマヨネーズがあります。どちらも同じスーパーで同じ日に売られていたものです。一つは450グラムで208円、もう一つは500グラムで158円(※以下、価格は税込み、2021年5月16日前後、東京都世田谷区内の店舗にて。小売価格は、店舗によって多少違います)。  誰もが知ってるキユーピーが作ったマヨネーズはどちらでしょうか? どちらも、キユーピー体型の容器の形、フタも赤くて見分けがつきにくいでしょう? マヨネーズ 答えは、どちらもキユーピーが作ってます。  なぜ同じキユーピーが作ったものが、片方は小さいのに高くて、大きいのが安いの?  包装袋を取る前の商品を見ると…。 「なあんだ、片方はPB(プライベートブランド)商品じゃないの! キユーピーなんてどこにも書いてないじゃない?」 マヨネーズ袋つき いや書いてあるんですよ、裏に。 「わ、ホントだ!」 ご指摘の通り、安い方はPB商品です(マヨネーズの例は、イオンの「トップバリュ」)。
マヨネーズ裏

トップバリュ(イオン)のマヨネーズの裏

PB商品もメーカー明記が義務づけられた

 PB商品はそれぞれのスーパーなどが独自のブランドとして作ってるものですね。例えば、イオン・ダイエー系なら「トップバリュ」、マルエツ、カスミ、マックスバリュなどの「eattime」、イトーヨーカドーやセブンイレブンなどの「セブンプレミアム」、西友にはいくつかあって、「みなさまのお墨付き」や「きほんのき」などです。  これらPB商品は、メーカーに大量発注し、買取りで仕入れすることが原則の商品です。作れば買い取ってもらえるのでメーカー側はその分、安い価格でも卸す。だから、スーパー側は安く販売できる。こうして、良質だけれど、価格はいつも安いPB商品が生まれたのです。その価格はバーゲン価格、それも底値に近い場合も多く、家計の味方と言えるのです。  じゃ、次は食パンです。170円払って、ヤマザキ春のパン祭りに参加できる食パンと、春祭りには参加できないけれど、88円のヤマザキ製の食パン、どちらがいいですか?  イオンやダイエーで88円で売られている「トップバリュ 毎日の食卓」は、裏をみると、山崎製パンの製造とちゃんと書いてありますよね。 食パン 実は2020年4月から、法律が変わって、食品は製造元を明記することが義務付けられたのです。こうして、今まで不明だったことも多かった、PB商品の製造元が明らかになりました。  すると、セブンイレブンで500グラム138円で売られている、セブンプレミアムのケチャップは、デルモンテが作っていたとか、イオンなどでいつでも68円で売られているポテトチップスが湖池屋製だ、ということもわかってしまったのです。 「全部、超有名メーカーが作ってるの?」  いえ、大手メーカーだって、実は下請けに作ってもらうことだってあるでしょう。そうした中堅の優良メーカーが作ってるものもありますよ。  例えば、トップバリュのレトルトカレー。いくらでしょう? 特売じゃないですよ、平常時の価格。答えは54円です。  で、時間がないときは、同じくトップバリュの100%コシヒカリのレトルトご飯をチンしていただくんですよ。こちらは99円です。しかも、トップバリュのレトルトご飯は300グラムのドデカサイズ(普通のレトルトご飯は200g〜180g)で、小さな子どもなら一つで十分二人前あるんですよ! 安いでしょう? カレーカレー2
次のページ 
佐藤治彦おすすめのPB商品セレクション
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ