News

ハワイでワクチン接種した日本人「予約はガラ空き。バンド演奏まであった」

 200以上の国や地域で始まっている、新型コロナウイルスのワクチン接種。その中でも世界をリードするアメリカでは、どうなっているのでしょうか?ハワイ在住の筆者が先日、ワクチンを接種してきましたので、その様子をご紹介します。
スーパーマーケットのワクチン接種の案内看板

スーパーマーケットのワクチン接種の案内看板

ワクチン接種の予約はオンライン

 ハワイ州では、医療従事者や長期介護施設入居者などを優先的に、2020年12月からワクチンの接種がスタート。筆者が当てはまる「16歳以上」は、4段階の接種計画のうち、一番最後の4段階目です。4月下旬からこの4段階目も対象となり、さっそくワクチン接種を予約しました。  予約は、ハワイ州保健局の新型コロナウイルスの特設サイトから。自分の住んでいる郡(オアフ島はホノルル郡)を選択すると、ワクチン接種会場が一覧とマップでリストアップされます。オアフ島には、大型の接種会場が9か所設けられていました。さらに、アメリカ全土で展開する大型のドラッグストア「ロングス」「ウォルグリーン」、スーパーマーケットの「コストコ」「セーフウェイ」「タイムズ」などでも接種できます。
スーパーマーケット内の薬局でもクチン接種を行っています

スーパーマーケット内の薬局でもクチン接種を行っています

 アメリカやハワイの大型スーパーには、たいてい薬局が併設されていて、買い物の途中で処方薬を受け取ることができるんです。さらに、そのような薬局では普段からインフルエンザの予防接種も行っていて、新型コロナウイルスのワクチン接種も対応できるようになっているんです。ざっと見ても、筆者の自宅近く、徒歩15分圏内だけでも接種できる場所が5か所ほどありました。

予約状況は空きだらけ、ハワイと日本の差は何なんだ

 また、接種会場や曜日ごとに、ファイザー社とモデルナ社のワクチンを使うことが明記されています。これを見て、自分の都合のいい時間と場所、メーカーを選んで、予約をしていくことになります。  日本では「接種券」が郵送で届き、それから予約を取らなければならないシステムだそうですが、こちらではそんな仕組みは無し。ニュースなどで自分が接種対象になったとわかったら、自分でオンラインで予約する方法です。「やりたい人は、自分で調べて予約してね」というアメリカらしいスタイルですが、スピーディに接種を進めるためには、このやり方が功を奏しているのかもしれません。  ちなみに、現在は予約無しも受け付けている会場が増えており、予約状況は空きだらけ。「すでに先約で埋まっていて、全然予約できない」なんてことも、まったくありませんでした。また、ワクチンの接種は、無料です。
次のページ 
ハワイらしい会場にほっこり
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ