Entertainment

意外!吉沢亮の学生時代は暗黒。陰キャだった美男美女4選

 学生時代、誰しも一度は悩んだであろう「スクールカースト」。筆者も上位にニラまれないように息を潜めて…なんてことをしていました。大人になった今振り返るとつまらないことですが、それも青春の証しということでしょうか。  さて、見目麗しい芸能人たちは学生時代も人気者のイメージ。スカウトでデビューする者が多いことを鑑みれば、誰しもが一目置く存在だったことは想像に難くありません。しかしここ最近、その定説を覆す情報が本人の口から語られている…! 「学生時代の暗黒エピソード」を告白した美男美女の芸能人たちを紹介します。

吉沢亮:リア充の悪口ざんまい「ドス黒め」な高校生

 放送中のNHK大河『青天を衝け』で主役を務める俳優の吉沢亮(27)。もっとも旬な若手の一人ですが、学生時代は「スクールカースト底辺」だったと明かします。  昨年9月5日放送の『王様のブランチ』(TBS系)で、「中学時代はとにかくモテたいしモテたんですよ」と自慢。しかし続けて、「高校に入ってから目立つことにビビりだしたというか。モテたい欲はあるのに目立つことができなかった」とイケメン俳優らしからぬことを口にしていました。  実は吉沢、中学時代の写真をNHKの『あさイチ』で公開しています(2019年5月17日OA回)。茶髪でヤンチャな印象は受けますが、顔立ちの美しさは変わらず。実際「学年の3分の1から告白された」という“伝説”を持っています。それが高校に入るといっぺん。2019年9月に行われた映画『空の青さを知る人よ』の舞台挨拶では「リア充の悪口をずっと言っていた。青いというより黒かった。ドス黒め」と話し、会場が驚いたほど。多感な時期は方向性を間違いがちです。  16歳で『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)でデビューして以来、「正統派イケメン」の称号をほしいままにしている吉沢。このエピソードで好感度を上げたのは言うまでもありません。

佐藤健:「幽霊部員みたい」と自虐

 吉沢の元事務所の先輩、俳優の佐藤健(32)。かっこいいだけでなく知的でダンスもプロ級。まさに「完璧」です。ところがその佐藤、高校時代の陰キャっぷりを『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で告白しています。
『日経エンタテインメント! 2021年5月号』(日経BP)

『日経エンタテインメント! 2021年5月号』(日経BP)

 4月25日OA回で「イチローのようなクールな男に憧れ、休み時間は席から立たず、授業中もずっと寝ていた」と回顧。女子から声をかけてもらえず、自身から話しかければ「しゃべった…」と怖がられたと言います。文化祭でもクラスメイトが全員踊るなか自身だけは踊らず、「こじれていた」と苦笑していました。  このエピソード、実は初出しではありません。18年2月に行われた映画の舞台あいさつで「誰にも存在を知られていなかったです」「幽霊部員みたいな人でした」と自虐。「もう1回学生に戻れるならエンジョイしたい」と後悔をにじませたほどでした。完璧イケメンの“ほころび”が見えて胸キュンしたのは筆者だけではないでしょう。
次のページ 
浜辺美波、いじめを告白
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ