Lifestyle

えっ…披露宴で流れた“謎の雑音”に凍りつく会場「一生忘れられません」

 昨今では、これまでのしきたりを踏襲しない自分たちだけのオリジナルの披露宴をするカップルが増えています。電車を貸し切っておこなうトレインウェディングだったり、斬新なフラッシュモブの演出だったり、様々な工夫がおこなわれています。
えっ…披露宴で流れた“謎の雑音”に凍りつく会場「一生忘れられません」

写真はイメージです(以下同)

 ところが、オリジナルな披露宴だからこそ不測の事態も起きてしまいがち。今回は、オリジナルの披露宴だからこそ招いてしまった最悪の悲劇をご紹介します。

立食スタイルのカジュアルな披露宴

「ある意味で一生に残る披露宴になったことは確かですね。絶対に忘れようとしたって無理です」  笑いながら語ってくれたのは都内在住の会社員のエミリさん(仮名・25歳)。 立食スタイルのカジュアルな披露宴にしたい「社内結婚した先輩の披露宴に出席したときのことでした。二人とも披露宴へのこだわりが強かったのか、色々式場を巡ったり、プランナーの人と打ち合わせをしてたみたいです。確かに式自体はとっても素晴らしかったです、あんなことが無ければ、なんですけど」  堅苦しい披露宴よりも、ゲストたちに楽しく過ごしてもらいたいという思いから、立食スタイルの披露宴にしたそうです。会場ではプロの生演奏があったり、ダンスがあったり、賑やかで楽しい雰囲気でした。さらに、司会者もピンマイクを付けて、会場中を縦横無尽に走り回って司会進行するようなアクティブな披露宴だったそうです

余興に恋ダンスを踊って大興奮

余興に恋ダンスを踊って大興奮「立食スタイルって賛否が分かれがちですけど、私は楽しくて好きですね。席が決まってないので好きな人と喋ることができますし」  友人紹介をする際も、司会者が実際に友人の近くまで来て名前を呼び、スポットライトで照らすという凝った演出があったそうです。 「私も会社の人たちとみんなで逃げ恥の『恋ダンス』を踊りました。小柄な可愛らしい感じの女性が司会者だったんですけれど、踊っている私たちの近くまで来て盛り上げてくれたんです。やっぱり楽しいですよね」
次のページ 
スピーカーから謎の雑音が…
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ