Gourmet

話題の「みじん切りカッター」ニトリ(610円)VS ダイソー(330円)が驚きの結果に

 みじん切りが一瞬で終わる!と話題のみじん切りカッター。  100円ショップで売られていたり、2000円以上するものもあったり、お値段はピンキリ。種類がたくさんあるので、どれを選べばいいのか悩みますよね。
image6

左:ニトリ 右:ダイソー

 そこで今回は、ダイソーの「ハンドル野菜カッター(330円税込)」と、ニトリの「みじん切り器 S(610円税込)」を比べてみました。使いやすいのか、どのくらい細かく切れるのかを検証します。

見た目そっくり!違いは耐熱温度のみ?

 ダイソーとニトリのみじん切りカッターを比較してみました。見た目がそっくりなので、ただの色違いかと思いましたが、若干異なるところがありました。 【値段】 ダイソー:330円(税込) ニトリ:610円(税込) 【サイズ】 ダイソー:13cm × 9cm ニトリ:約12.5cm × 9.5cm ※箱に表記のもの。実寸は同じ 【製造】 ダイソー:中国 ニトリ:中国 【素材(耐熱温度、耐冷温度)】 ダイソー: 容器…ポリスチレン(70℃) カバー…ポリプロピレン(100℃) 滑り止め…合成ゴム(70℃) ニトリ: 容器…ポリスチレン(70℃、-20℃) カバー…ポリプロピレン(100℃、-20℃) 滑り止め…熱可塑性エラストマー(120℃、-20℃)

どこからどう見ても同じ…?

 大きな違いは以下の2つです。 ・滑り止めの耐熱温度(表示)が異なる(ダイソー70℃、ニトリ120℃) ・耐冷温度の表示の有無(ダイソーなし、ニトリあり)
image7

底の滑り止め(左:ニトリ 右:ダイソー)

 ハンドル部分など、細かいところもチェックしましたが、ほぼ同じでした。プロが見ると違いが分かるのかもしれません。
image4

ひもや金具も同じに見える(左:ニトリ 右:ダイソー)

 試しに、ダイソーのカバーをニトリの容器にはめたり、ニトリのカッターをダイソーの容器にはめたりしてみました。どちらとも問題なく使えたので、恐らく同じかと思われます。
image5

左:ニトリ 右:ダイソー

 見た目がそっくりとはいえ、切れ味が異なるかもしれないので、野菜を切ってみました。
次のページ 
切れ味の違いは?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ