Entertainment

松坂桃李はなぜヘタレ役が似合うのか。出演ドラマ2本も大好評

 今クールのドラマは松坂桃李が熱いと評判です。
あのときキスしておけば

『あのときキスしておけば』スマホ版公式サイト(テレビ朝日)

 5月29日に最終回を迎えた『今ここにある危機とぼくの好感度について』(NHK)と、放送中の『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系、金曜夜11時15分〜)の2本で主人公をつとめ、昨年12月の戸田恵梨香との結婚とあわせ、公私ともに絶好調といえるでしょう。  そんな松坂桃李、イケメンにもかかわらずヘタレ役が似合うとの声が…。  そこで、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』などの著書があるドラマライターの田幸和歌子さんに、『今ここにある危機とぼくの好感度について』(以下『ここぼく』)『あのときキスしておけば』(以下『あのキス』)などの出演作品と、俳優・松坂桃李をどう見ているかを聞きました。 (以下、田幸さんの寄稿です)

『ここぼく』ただのバカではなく悪人ではないのがポイント

 大学を舞台としつつも、政治の世界をはじめとして、いまの日本のあちこちで起こっている深刻な問題をブラックコメディとして描いた、近年最大の問題作でした。  松坂さんが演じた神崎真は「何か言っているようで何も言っていない」中身のペラペラな元アナウンサーの大学広報マン。  この薄っぺら具合・幼稚具合が、「政治家の小泉進次郎にそっくり、モデルなのではないか」とネットでは大いに話題になり、一部では兄の小泉孝太郎が演じたほうが良いのでは、という皮肉まで出ました。  しかし、ただのバカではないこと、悪人ではない(だからこそたちが悪い!)ことが重要なポイントです。  なにせ神崎の場合、名門大学を出ているだけに、勉強はできたわけですし、意味のあることは言わないというのも、もともとは好感度を下げるというリスク回避の処世術が出発点ではあるのです。  しかし、無難にやり過ごすクセが彼を中身のないペラペラにしていったことがよくわかりますし、それは大学の理事会の面々も、さらに言えば面倒なことに目をつぶり、今の忖度だらけやウソだらけ・ごまかしだらけの世の中を作ってしまった私たち1人1人もきっと同じ。  私たちが笑いながらも、どこか憎めない親近感を覚え、事態の深刻さを我が事としてとらえられるためには、松坂桃李のまさしく「好感度」と「芝居の確かさ」の両面が必要でした。  特に、少しだけモノを考え始めた神崎が、今までにないほどの熱量で真っすぐキラキラに「意味があることを言わない大切さ」を説いたシーンの残念具合は見事でした。
次のページ 
オタクが抜群に似合う『あのキス』&映画『あの頃。』
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ