Gourmet

鶏むね肉や残りご飯も簡単フレンチに。パリの人気カフェからレシピが届きました

 並ぶのが嫌いなフランス人が行列するという、パリで人気のサロン・ド・テ「マミ・ガトー」。  実は、日本人のパティシエール(お菓子職人)、マリコ・デュプレシさんがフランス人の夫とオープンして18年になります。
「マミ・ガトー」

「マミ・ガトー」

「マミ・ガトー」は、パリのおしゃれ百貨店「ル・ボン・マルシェ」近くにあります。パリ在住のフリーアナウンサー、中村江里子さんも通っている、オススメのお店だそう。
「マミ・ガトー」の店内

「マミ・ガトー」の店内

 店内は、ぬくもりのある、かわいいおうちのダイニングイメージです。

日本人パティエールの、簡単でおしゃれなパリごはん

 その「マミ・ガトー」のマリコさんが、『パリのひと皿ごはん』という初のレシピ本を上梓しました。日本でも手に入る材料と簡単なレシピで、小さなフルコースになるおしゃれなひと皿ごはん、25皿を提案しています。 パリのひと皿ごはん「お店で出している料理というより、日本のみなさんが気軽に作れるように工夫しました。  いつもの料理もひと皿にきれいに盛り付けるだけでも、気分が変わります。後片づけも食器が少なくてラクですし(笑)。コロナ禍でもおうちの食卓を楽しんでいただくヒントになったらうれしいですね」とマリコさん。

「コルドン・ブルー」は、フライパンで作るフランス風・肉料理

 今回はマリコさんのひと皿の中から、特に身近な素材で簡単なレシピを紹介してもらいました。それは「チキン・コルドン・ブルーでひと皿」。ワンプレートに前菜のライスサラダとコーンスープ、チキン・コルドン・ブルーとデザートのヨーグルトゼリーの組み合わせです。 チキンコルドンブルー チキン・コルドン・ブルーの材料は、安くてたんぱく質豊富でみんな大好きな「鶏むね肉」。そして、ライスサラダは、なんと冷やご飯を使います。この2つのレシピをご紹介。こんな身近な素材で、パリごはんが作れちゃうんですね!
次のページ 
「チキン・コルドン・ブルーでひと皿」のレシピ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ