Love

婚活に苦戦しまくる53歳女性。ヒドかった写真を撮り直したら思わぬ方向に

 こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。  30代後半から40代の婚活は大変です。年齢が上がった50代はもっと大変と思われがちですが、これから子どもを持つという選択肢を手放した方々は相手に求めるものも少なく、実は40代より50代の方が婚活を開始してから卒業までの期間が早いのです
女性 アラフィフ 婚活

写真はイメージです(以下同じ)

 その傾向は、「日本結婚相談所連盟」を運営する株式会社IBJが発表した「成婚白書2020」(同連盟で2020年度に成婚した8,624名の実績と傾向)で、年代別の在籍期間(最頻)を比べると、40代前半が150~180日、40代後半が250~280日なのに対し、50代前半は190~220日、55代後半は110~140日と、40代後半をピークにその後は結婚相談所在籍期間の平均が短くなっていることがわかります。  だからといって、50代女性の婚活が簡単というわけではありません。成婚しやすさでいえば年齢が低いほど有利で、50代はさっさと成婚する人とうまくいかない人と二極化するのです。  私のところへ相談に来た美代子さん(仮名、53歳・事務職)という女性は、うまくいかないのに長期化しているというパターンでした。

50代で婚活を始めたきっかけは「入院」

 彼女はすでに、ある結婚相談所で2年ほど婚活を続けていました。プロフィールを見ると、写真はいかにも素人がスマホで撮影しましたという雑なもので、しかも自己紹介文の欄には「タバコを吸わない方に出会いたい」「楽しくおしゃべりできる人が理想」と相手への注文がやたら多い。このプロフィールでは仮に若くても難しいでしょう。  美代子さんは言ってしまえば“地味めなおばさん”で、一度も結婚歴はありません。2~3年前に母親が亡くなり、その後に持病の悪化で入院したことがきっかけで「家族が欲しい」と思うようになったそう。 病院 入院 点滴 もっと若い時に結婚したいと思ったことはなかったのか聞いてみました。 「う~ん。昔、お付き合いしていた方はいたけれど、身勝手すぎて結婚はイメージできなくてお別れして。その時は仕事とか趣味とか楽しかったしあまり深く考えなかった」  結婚相談所の50代会員は男女比でいうと圧倒的に男性が多く、お見合いが組めないわけではないと思います。ですが美代子さんいわく、会いたいと思える人がほとんどいなかったとか。今までにどんな男性と会ったのでしょうか? 「奥さんと死別したという方とお会いしたら、家事をやってくれる人を探しているようでこんな朝ごはんが理想とかずっと話しているんです。私は仕事を続けたいし、自分の身の回りのことをやってくれる家政婦代わりを探しているような男性は嫌です。会話していて楽しい、教養のある方が良いです。私は短大卒なので、お相手は大卒の方が理想なんですけどね」  私はポカーンと聞いていました。 「え? 短大卒で? ん? なんで短大卒だとお相手は大卒なんですか?」  そこから美代子さんの解説が始まります。

バブル期は、大卒女性より短大卒の方が就職に有利だった

「昔は、女性は短大卒の方が就職に有利だったんですよ。私が進学したところも人気があって、その短大の指定校推薦枠が欲しくて成績上位に行ける高校を選んだんです。今はみんな4大になっちゃいましたけど、昔はそこの短大卒っていうだけで人気があったんです。同級生はみんな有名企業に就職してそこの人と結婚して悠々自適に生活しているんですよ図書館で勉強する 女子大生 私も知らなかったのですが、その時代は本当に大学より短大の方が就職しやすいなどあったようです。聞くと美代子さん出身短大卒の有名人には、アナウンサー、皇族の方、女性政治家もいました。一方の美代子さんは年収400万円ぐらいの会社員です。 「分かりました。つまり、美代子さんってその人気がある有名短大卒なのに結婚できないほどモテなかったってことですよね」 「ま、そうです。でも、親だって生きていたら相手はいい大学出た方の方が喜ぶと思うんですよ」 「でも……親御さんは亡くなってるんですよね? この世の将来の幸せを考えましょうよ」
次のページ 
「私は共稼ぎ希望だから、男性にとってメリットですよね」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ