Gourmet

夏休みの「子どものおやつ」を選ぶポイント5つ。“手作りが最強”じゃない!

 毎日頑張る子どもたちに、敬意をこめて。
649-2

“毎日手作り”だけが理想じゃない!

 そろろそろ夏休み。子どもを自宅に残して、仕事に行くママやパパも少なくありません。  今年は猛暑に加え、コロナ禍という大変な状況に向き合う子どもたち。子どもたちだけで頑張る姿勢や気持ちを大切にしたいと、心から思います。  そこで、お留守番の中での楽しみの一つが、「おやつ」。親も忙しい毎日ですから、手作りが最強だと思う固定概念は捨てていいと、私は思います。大事なのは、大人が子どものことを想い、心が通ったおやつを置いていくこと。  そんな気持ちをこめて今回は、市販商品で「子どものお留守番おやつ」を選ぶ際に大切にしたいポイントを考えてみました。5つの視点をご紹介、少しでもヒントにしていただければ嬉しく思います。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

①ご当地ものや旅気分が楽しめるもの

649-3

明治 ザ・チョコレートカカオトリップ(明治)、フルグラトロピカルココナッツ味(カルビー)、マリトッツォ(ヤマザキ製パン)、ポテトチップス 札幌編 焼とうもろこし味(深川油脂工業)

 自宅でお留守番をする子どもたちに、ワクワク旅気分を味わってもらえるような“ご当地モノ”はいかがでしょうか?  例えば、カカオの産地を4カ国集めた明治のチョコレート。海外への好奇心も刺激され、どんな国なのかを親子で調べることも楽しいでしょう。  また、ハワイの世界観を表現したシリアルはハワイ好きにオススメです。海外の伝統メニューやご当地グルメをチョイスするのもオススメです。

②レンチンできる温かいもの

649-4

レンジで焼ギョーザ、それいけ!アンパンマンポテト、「おいしい!マイパック」 レンジでジューシー スティックフライドチキン(味の素冷凍食品)

 自宅にいたら作ってあげたいおやつって、ありますよね。例えば、揚げたてのフライドポテトや唐揚げ。食事系の温かいおやつは、お腹も心も満たしてくれることでしょう。  でも実は、お留守番のときにもそれらのメニューを味わうことは可能なんです。料理をさせるのは心配という場合でも「レンチン対応の冷凍食品」ならどうでしょうか?  フライドポテトやフライドチキン、餃子など、子どもの好きなメニューがたくさん揃っていますから、親子で楽しく相談しながらストックしておくと便利ですよね。
次のページ 
子どもがウキウキ気分で楽しめるアイディアとは?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ