Entertainment
Love

“だめんず”作者の倉田真由美さん「50代はもう一度漫画を描かなきゃ、って」

 かつて『週刊SPA!!』で、約13年間にわたり連載されていた恋愛エッセイ漫画「だめんず・うぉ~か~」(2000〜2013年)。ダメ男と、ダメ男にばかりハマってしまう女性の姿がリアルに描かれ、ドラマ化もされる大ヒット作となり、「だめんず」という言葉をすっかり世間に定着させました。
倉田真由美さん1

倉田真由美さん

 作者のくらたま(倉田真由美)さんは、この7月で50歳になったばかり。昨年、弁護士の三輪記子さんと一緒にYoutube「みわたまチャンネル」を開始、今年からはTwitterを始めてたまに漫画も投稿しています。前回に続いて、くらたまさんに近況を聞きました。 【この記事の画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

「だめんず」終了後、絵を描くのがツラくなった

――仕事のほうは、2013年に「だめんず・うぉ~か~」が連載終了した後はどんな感じでしたか? だめんず・うぉーかー倉田真由美さん(以下、倉田):違うジャンルで連載漫画を描いたりしていたんですけど、手応えがなかったし、漫画を描くモチベーションが下がっていましたね。自分の絵がヘタだというのがわかっているので、絵を描くのがツラくなっちゃって。 ――じゃあ、この8年間は漫画から離れている時期もあったんですか? 倉田:私は今年50歳なんですけど、40代後半はほとんど描いてない時期もありました。でも、2年前に「やっぱり描かなきゃいかん!」とペンタブ(デジタルで漫画を書くペンタブレット)の練習を始めたんですよ。ペンタブを使いこなせるようになれば、Twitterとかネット上でも漫画を発信しやすくなるかなと思って。  最初は教室に通っても覚えられなくて全然ダメだったんだけど、漫画家を目指している友だちと「ペンタブ会」を作って教え合うようになったらみるみる上達して、今年くらいからちゃんと描けるようになったんです。

このままじゃ“漫画家”を名乗れないな、と

――最近はときどきTwitterに漫画をアップしてらっしゃいますけど、裏にはそんな苦労があったんですね。ペンタブに挑戦したのはモチベーションが復活したからですか?
倉田真由美さんtwitter

倉田さんのtwitterより

倉田:「このままじゃ“漫画家”を名乗れないな」と思ったんですよね。テレビのコメンテーターの仕事をしたりもしてたけど、あれは本業があってこその仕事で、ちゃんとした職業にはならない。私は漫画が大好きで、やっぱり漫画家でいたいので、50代はもう一回ちゃんと頑張ろうと思ったんです。
次のページ 
子育て漫画を描かないわけ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ