Lifestyle

ガーン!“トイレに流せるクリーナー”で詰まった…トイレのプロが警告

 手軽にトイレ掃除ができる画期的なアイテムとして、流せるクリーナーやウェットティッシュは市場でも人気です。でもこれって本当に流しても大丈夫?と心配になることも。実際に「流せるタイプのトイレクリーナーを流したら、トイレがつまった」という話を聞いたことがあります。
危険!「トイレに流せる」を過信しないで。トイレのプロが警告

写真はイメージです。

 流せるタイプなのに詰まるの!?とちょっとした衝撃を受け、では流せるタイプはどう取り扱ったらいいのか、トイレ・詰まりのエキスパートである株式会社クラシアンの研修室室長・小林義和さんに話を聞いてみました。

「流せるタイプ」も詰まる

――「流せるタイプ」のものでも、トイレの詰まりの原因になるのでしょうか。
株式会社クラシアンの研修室室長・小林義和さん

株式会社クラシアンの研修室室長・小林義和さん

小林義和さん(以下、小林)「トイレクリーナー、トイレブラシ、おしりふきなど、トイレに流せるものを流して、詰まってしまったという依頼はとても多く受けます。このような詰まりの場合、原因は複数枚をトイレに流していることが多いです。トイレに流せる商品を流す時は必ず1枚ずつ流してください。  トイレットペーパーなどは、『水で流す』というよりも、『物体の形を崩して流す』と考えた方がイメージしやすいのですが、水に流せるタイプの商品は、水の中で崩れやすい形に作られています。ですので、一枚ずつ流せば形が崩れるものでも、複数枚流すとくっついてしまい、形が崩れず詰まりの原因になるんです」

節水型のトイレは詰まりやすい

――では、「流せるタイプ」を流す場合、一枚ずつだったら大丈夫ですか? 小林「一枚ずつでも詰まるご家庭もあります。というのも、最近の日本のトイレは節水型のものが多く、従来の水量の3分の1ほどの水量になっているんです。少ない水で流すので、流すものが厚手だったり量が多いと、一枚しか流していなくてもトレイは詰まります。水量が極端に少ないご家庭もあるので、流すものとトイレの水量を確認することが大事です」
次のページ 
トイレが詰まった時にやりがちなNG行為
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ