Entertainment
Human

「“黙らない”ことって本当に勇気がいること」セクハラ経験を描く漫画作者に聞く

 セクハラの被害のトラウマに苦しみ、女として生まれた自分の体を強く恨むようになった作者が、過去の自分やセクハラ加害者本人との対話を通して再生していく『女(じぶん)の体をゆるすまで』。連載中から多くの反響を呼び、物議を醸し続けたこの作品の単行本が、7月30日に上下巻同時発売 となった。
ペス山ポピー『女(じぶん)の体をゆるすまで』(画像:webマガジン「やわらかスピリッツ」より)

ペス山ポピー『女(じぶん)の体をゆるすまで』(画像:webマガジン「やわらかスピリッツ」より)

『女(じぶん)の体をゆるすまで』は、トランスジェンダーの作者が、職場でのセクハラ被害をきっかけに、かつて当たり前のようにあった性差別や、自分自身の中の性差別的な視点とも向き合っていくジェンダーエッセイ・コミックだ。生々しい心理描写が冷静な考察と共に描かれており、その圧倒的な表現力と筆力で読者をグイグイ引き込んでいく。 【第1話試し読みはコチラ】⇒<漫画>アシスタント先の漫画家にセクハラを受けた話 【前回のインタビューを読む】⇒「つらくても真実の方がいい」セクハラ経験を描く漫画作者に聞く“誹謗中傷と戦う理由” 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
©ペス山ポピー/女(じぶん)の体をゆるすまで

©ペス山ポピー/女(じぶん)の体をゆるすまで

©ペス山ポピー/女(じぶん)の体をゆるすまで

©ペス山ポピー/女(じぶん)の体をゆるすまで

 前回のインタビュー(『「つらくても真実の方がいい」セクハラ経験を描く漫画作者に聞く“誹謗中傷と戦う理由”』)で、「被害者は絶対黙っちゃいけないと思う」と語ったペス山ポピーさんに、連載を終えた今、改めて現在の心境を聞いた。 (※ネタバレを含みますので、ご注意ください) 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
次のページ 
セクハラ加害者はどこにでもいる普通のおじさん
1
2
3
4
5
6
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ