Entertainment

有村架純、伊藤沙莉も。子供時代のビンボー話を明るく語る苦労人5選

 不遇をバネに成功した芸能人のなかには、お金で苦労した人も多く、飢えをしのぐためにカマキリを食べた俳優の風間トオル然り、ザリガニを食べた女優の麻生久美子然(しか)りです。二世が目立つ世界で、自分の力でのし上がったガッツと才能にはかっこよさを感じます。  意外な一面が見えると、つい応援したくなるのが人情。今回は、過去に経済的に苦労しながらも芸能界で成功した人気者たちを紹介します。

有村架純 高校時代に週6でバイト

 女優の有村架純(28)は中学1年生のときに両親が離婚。母子家庭で育ちました。15歳の頃から女優に憧れ、オーディションを受けており、地元の兵庫・伊丹市から東京までの交通費などは自身で捻出(ねんしゅつ)。寿司店と蕎麦店でアルバイトをし、一時は週6でシフトに入っていたといいます。
 店主によれば、有村の働きぶりは「真面目」。本人は当時について、16年の映画の舞台挨拶で「あまりに忙しくて両手にソバの盆を持って壁にぶつかりまして…」と苦笑いしていました。  高校2年生で合格すると、上京。オーディションでの落選が続くも、2010年のドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日系)でようやく役を掴み、13年のNHK朝ドラ『あまちゃん』で大ブレイク。根性の人です。
次のページ 
伊藤沙莉やアンミカ
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ